男子がドキっとする「バレンタインチョコの渡し方」5パターン


今年ももうすぐバレンタイン!
せっかく頑張って作ったチョコなのですから、なるべく彼に喜んでもらえる方法で渡したいですよね。

という訳で今回は男子がドキッとしたチョコの渡され方についてリサーチしてきました。

1.呼び出し

「ベタだけど、体育館裏とかに呼び出されて渡されるのが、一番うれしいかも。
相手の気持ちが真っ直ぐに伝わってくるから、こっちも真剣に向き合おうって気持ちになれるしね。絶対、成功率高くなると思う。」(17歳/高校生)

体育館裏に2人きり・・・。恥ずかしすぎるシチュエーションですが、想いを伝えるには最高の空間なのではないでしょうか。

これなら、彼が他の女からチョコをもらっていたとしても、それに埋もれることもないので、勝負をかけたい女子にはおすすめです!

2.宅配

「彼女から『チョコなんてあげないよ!』と言われてから、全く期待してなかったんだけど、
当日に彼女と部屋にいたら、夕方位に宅配便でチョコが届いた!
彼女が前日に作って、サプライズで送っておいてくれたらしい。ビックリMAXだったし、すげー嬉しかった!」(21歳/学生)

贈り物って何故か胸がトキメキますよね。更にそれが大好きな彼女からの、予想外のチョコだったら・・・彼のテンションは超絶MAXになるでしょう!

一緒にいるのに、敢えて宅配にした彼女・・・かなりサプライズ上級者ですね!

3.部屋に隠す

「仕事でバレンタインに会えなかったから、チョコもお預けだな・・・と思って帰宅たら、家の冷蔵庫の中に手作りのチョコレートケーキが入ってた。
彼女が合鍵で入って仕込んでおいてくれたらしい。疲れてたけど、一瞬にして元気が出た!今までで一番、思い出深いバレンタインになったよ。」(23歳/広告)

仕事で疲れてるわ、バレンタインなのに彼女とデート出来ないわ、の凹む状況で、目の前に大好きなチョコレートケーキが出現!!!そりゃあ疲れも吹き飛びますね!

一緒に過ごせなくても、彼を喜ばせることのできる彼女。ポイント高いです!

4.レストランサプライズ

「バレンタインに食事に行ったんだけど、そのお店で最後に出てきたデザートプレートがなんと彼女の手作りだった!クッキーには『ずっと大好き!』の文字も・・・。
予想外過ぎたし、ウマ過ぎてビックリした!なんでもそこの店長と彼女が幼馴染だったから特別にやってもらえたらしい。すごくいい思い出になった!」(24歳/銀行)

お店で彼女の作ったものが運ばれて来たら、そりゃあビックリですよね。
『ずっと大好き』の文字も彼女が頑張って書いたと思うと、食べるのがもったいない・・・!

普通の手作りとは一線を画す、特別感のある演出。印象に残りますね。

5.不意打ち

「やっぱり一番ドキッとするのは不意打ちで渡された時なんじゃないかな!
去年のバレンタインはサークルの冬合宿と被ってたから、チョコは後日だろうなと思ってたんだけど、練習後に『腹減ったー!』と騒いでたら、『これでも食え!』と不意に可愛い袋を渡された。
中身は俺が大好きなチョコクッキー!しかも手作り!めちゃめちゃ嬉しかった!」(20歳/学生)

何気なく言った「腹減ったー!」にまさかバレンタインプレゼントが返ってくるなんて思いませんよね!ナイス不意打ち!

しかも「これでも食え!」というぶっきらぼうな感じと可愛い袋のギャップがたまりません!彼もさぞ喜んだことでしょうね。

おわりに

男子は皆、多かれ少なかれバレンタインを楽しみにしています。
その期待を上回れるように、是非、渡し方にまでこだわってみてくださいね。素敵な演出は中身を一層に引き立てますよ!(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)