エレメント占星術でみる!風(双子・天秤・水瓶)の相性の手引き 家族編

星占いに使う12星座は、次の4つのグループに分けられます。まずは行動的な火のグループ(牡羊座、獅子座、射手座)、現実的な地のグループ(牡牛座、乙女座、山羊座)、知的な風のグループ(双子座、天秤座、水瓶座)、そして情緒的な水のグループ(蟹座、蠍座、魚座)です。ここでは、4つのグループから見たそれぞれのグループとの相性について、家庭内における人間関係についてご紹介していきます。今回は、その中の風のグループ(双子座、天秤座、水瓶座)から見た各グループとの相性をみていきましょう!

風のグループと火のグループ:目的があることでお互いが成長できる二人

火の人の熱い語りは、風の人のキツイ面を溶かしてくれるでしょう。知識偏重で頑固なところのある風が、唯一素直に耳を傾けるのが、自分を成長させてくれる火の意見でしょう。一方、感情的舞い上がりやすい火に対し、風は常に冷静な判断を下し、目的をひとつに絞ることを教えてくれる人なのです。個性がはっきりしている二人なので、意見がぶつかることも多いのですが、刺激的な関係が功を奏す好相性と言えるでしょう。

風のグループと土のグループ:顔には出さないけど尊敬しあえるコンビ

明朗で隠しだてはないけど少し落ち着きのない風の人と、何事にも寛大で山のようにどっしりと構えた土の人。このふたりはとてもいい組み合わせと言えます。風の知性は土に軽やかさをもたらします。土は風からのアドバイスで、やるべきことを次々とこなしていくでしょう。土は火の硬派なところがお気に入りかも。もともとクラッシックな物の考え方も好むので、深い信頼関係で結ばれるはず。

風のグループと風のグループ:親しき仲にも礼儀有りの精神で円満

知的な風の人と風の人は、いつも何か楽しいことを見つけてはおしゃべりをする関係。お互いに熱中しやすく冷めやすいため、興味の対象もコロコロ変わるかもしれません。器用な二人なので、何をするにしてもスピーディーでやるべきことをさっさと片付けてしまうでしょう。少し神経質なところもあるので、プライバシーを大切にしながら関わりを持てれば良い関係に。あまり土足で相手のフィールドに踏み込むとケンカになるのでご注意。

風のグループと水のグループ: お互いに学び歩み寄る関係

スタイリッシュな風の人とムーディーな水の人はお互いに正反対のキャラクターと言えるでしょう。自分にないものを相手に見出し、きっかけがあれば一致団結するでしょう。しかし、長時間、同じ環境に一緒にいると飽きが生じてしまいます。どちらかが相手のペースを受け入れて、大人になるのが得策。争わずそれぞれの強みを発揮すると、家庭円満になれるでしょう。お互いに学ぶことで歩み寄れる二人と言えます。

おわりに

風のグループから見た各グループの相性については、いかがでしたか?風のグループは知的でスマートなので、なんでも「器用にやろう」という思いにスイッチが入りがち。スピード感が有り、センスの良さや分析力は素晴らしいのですが、風のように自由奔放だと無責任と思われることも。最後まで始めたことをやり遂げる姿勢を大切にすることで、自由も愛も得られるはず。家族関係に是非活かしてみてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)