2016.02.21

した、された…。浮気問題を解決するための4つの基準

浮気に関して、あなたはどんな印象を持っていますか?
世間的には「してはいけないもの」として認識されていますが、男性は浮気をするものだという説もあったりしますよね。

しかも浮気の境界線は曖昧だったりするもの。自分はいいと思っていても、相手がいい思いをしなかった場合喧嘩になってしまうことも。

そこで今回は、浮気に関する多種多様な意見をご紹介します!

1.したほうが悪いに決まってる!?

「浮気はしちゃいけないなんて当たり前なことみんなわかってる。だからした人間が一番悪いでしょ」(25歳/女性/美容)

ごもっともな意見ですね。中学生、あるいは小学生でも「浮気」というものはしちゃいけないとわかります。
それなのに手をだしてしまった当人が一番悪いというのは、本人も重々承知。

自分が浮気をしないためにも、まずこの大前提を思い出すことが大切ですよね。

2.されるほうにも、原因が?

「もちろん浮気するほうが悪いけど、されるほうに原因があることもあるよね。浮気されない関係を互いに構築する!っていう考え方が大切だと思う」(27歳/男性/金融)

関係が長く続いていると、安心感が大きくなって相手への配慮や思いやりがなくなってきたりしますよね。

カレへの不満が募りやすい時期やカレとの喧嘩中に、あま~い誘惑があったら、もしかしたら…なんて人も少なくないはず。でもそれは相手も同じということをお忘れなく!

どんなに長い付き合いだったとしても、付き合いだした頃の思いやりを忘れずにいましょうね。

3.浮気には「相手」がいる!

「彼から浮気を持ち掛けたのなら彼を責めるけど、浮気相手から彼を誘ったなら、私はその女を許さない。人の男に手をだすな!!って戦いに行く」(29歳/女性/ネイリスト)

これは女性に多い例かもしれませんが、浮気相手と直接対決をしに行くというつわものもいます。
世の中には、相手がいる人に狙いを定めてちょっかいを出すという悪趣味な人が意外と多いんです。

誘惑に負けた交際相手を責めるより直接喝を入れに行ったほうが気持ちもスッキリしますよね。

4.浮気は繰り返す?

「何回か浮気されて、そのたびにすごく謝られた。それは本気なんだろうけど、癖は治らないんだよね。好きだったけど、別れることにしました」(26歳/女性/事務職)

「私が仕事で忙しい時期に、カレがした浮気を1度許したことがある。
それ以降は、本当に浮気の気配がないの。人間の本能だったってことにして、今はもう水に流してる」(27歳/女性/飲食)

これは難しい問題ですよね。浮気を2回以上繰り返したことのある人は、その浮気癖は治らないよう。

しかし、1度の浮気以降、そういったトラブルがなかった…という人も多いので、1回の浮気なら、更生の余地ありかも。

相手が浮気をしたら、その先で更生できるのかどうかも考えたいところです。

おわりに

いかがでしたか?
「相手は絶対に浮気しないと思っていたから…」「好きだったけど、つい浮気してしまった」という悩みを抱えている方は多いです。

そんなとき、これからどうすべきか決めるのは、やっぱり自分の中にあるルールです。
決めていないと、情に流されて許してしまう・何度も浮気を繰り返してしまう…なんてことも起こりうることをお忘れなく!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事