わー、写真撮影会みたいだー!男子がムラムラっとする女子の座り方・5つ


たしかに、綺麗な女性がスラっと立っている姿は美しいですが、女子が座っている姿に意外にもムラっときてしまうのが男子。
座ったまま男子をソノ気にさせられるんだったら、楽チンだしお手軽ですよね。

ということで今回は、男子へのアピール力が強い座り方について学習しておきましょう。
20代男子30人の協力のもと、「男子がムラムラっとする女子の座り方」についてまとめてみました。

1.正座

「あんまり見るチャンスないけど、正座はけっこう好き。太ももの感じがたまらない……」(大学生/21歳)

たしかに社会に出て、なかなか正座をする女子を見かける機会はありません。

が、飲み会で座敷の席のときや、カレと部屋にいるときなど、やろうと思えば正座をできるチャンスはありますよね。正座のときの太もものムチッと感にやられる男子は多いです。

2.しゃがむ

「女子がしゃがむと見ちゃうよね。後ろからパンツ見えないかなーって」(大学生/22歳)

断っておきますが、だいたいこの記事は最後までこんな感じです。男子の下らなさを露呈し続けますので、覚悟して読んでくださいね。

女子が思っている以上に、このチャンスからパン見えを頂いている男子は多いです。
見られるのが嫌なら、上着をグッと下げて背中を隠すべきですが、その仕草にもなんだかムラっとしてしまう男子は多いので、逃げ場はないですね。

3.椅子の上で体育座り

「椅子に座って、超小さくなって体育座りしてる女子超かわいい。後ろから抱きしめたい」(専門学生/20歳)

両足を抱えて、椅子の上で窮屈そうに体育座りをしている女子はたまにいますよね。
体育座りはそもそも、それ自体がなんだか子供らしくて人気の高い座り方。それを椅子の上ですると、目立ちやすいし、椅子があればどこでもできるし、いいですね。
「体育座りオンステージ」って感じです。

4.ぺたんこ座り

「女座りって言うとあんまりよくないのかな。あの正座を崩した感じの座り方。やっぱかわいい」(ウェブ系/23歳)

男子がすると、「女座りやめろ」なんてよく言われたものです。まあたしかにこの呼び方はジェンダー的に問題があるのかもしれませんね。

呼び名はさておき、この座り方は女子の方が似合うというのには異論はないでしょう。
「左足を左に、右足を右に流す」、「両足を片方に流す」などなど、このぺたんこ座りにはいろんなバリエーションがあるので、あなたにぴったりのものを見つけましょう。

5.あぐら

「女子のあぐらは乙だよね。あのだらしなさがなんかいいし、ちょっとだけだけど『大事な部分、今どうなってるんだろう……』と妄想してしまう」(大学生/22歳)

ほんっとうにスミマセン……。もうどうしようもないですね……。
理由はさておき、「女子のあぐらも悪くない」ということだけ覚えておいてくださいませ。

おわりに

いかがでしたでしょうか? かわいくてムラっとくる座り方をマスターすれば、もう立つ必要すらありません。休憩しているだけで男子にモテるんですから、夢のようですね。
安心してください。その夢、叶います。(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)