「この子だけは手放せない!」と男性が思ってしまう女子の特徴・4つ


彼氏ができたら、それはもちろん嬉しいことだと思いますが、大事なのは長続きする恋をすることですよね。

そのためには、男性に「手放したくない」と思わせることが重要です。

では、どうすればそんな女性になれるのか?「手放したくない」と思ってしまう女性の特徴を、男性たちに聞いてみました。

1.守ってあげたくなる部分がある

「頼ってきてくれたりして、守ってあげたくなるような子は、ずっと面倒を見てあげたいと思っちゃいますね。
『俺がいないとダメかな?』とか勝手に感じちゃいます」(28歳/広報)

か弱い一面であったり、守ってあげたくなるような部分がある女性に対しては、「何とかしてあげたい」と男性は思ってしまうもの。

自分のことを頼ってくれたり、助けを求めてきてくれる女性は可愛くもあるので、手放したくもなくなるはずですよ。

逆に、何でも自分でできてしまうと、男性としては入り込む余地がなくなってしまうかもしれませんね。

2.さりげない気遣いができる

「この歳になると、そろそろ結婚も意識し始めるので、しっかりと気遣いができる女性を求めてしまいますね。
いい奥さんになりそうな女性という感じがしますからね」(33歳/営業)

さりげなく気遣いができたり、そっとフォローしてあげることができる女性は、男性からするとそばにいてほしい存在です。

さらに、普段から気遣いができる女性は男性を上手に男性を立てることもできるので、男性は一緒にいて気分だっていいはず。
こういう女性こそ、男性が本当に奥さんにしたいと感じる人なのだと思いますよ。

3.ちゃんと「女」を感じさせてあげる

「付き合いが長くなってくると、男と女ではなくなってきてしまいがちですが、ちゃんとずっと女性らしくいてくれると、ドキッとしちゃうし、惚れ直しちゃいますね」(28歳/IT)

男性が女性に冷めてしまう原因は、やっぱり“女”を感じられなくなってしまうとい点がとても大きいです。

付き合いが長くなってきたり、結婚して家族になったりしてしまうと、女性としても恥じらいなどを忘れてしまいがちですが、そこだけはなくしてはいけない部分でしょう。

定期的に“女”を感じさせることで、男性がときめきますし、「他の男に取られたくない」とも思ってくれるはずですよ。

4.「一人の時間」も大切にする

「お互いに、自分の趣味の時間などを大事にするのも必要なことだと思いますよ。
そういう時間を与えてくれる女の子だと、一緒にいても窮屈ではないですね」(30歳/公務員)

好きな人とは一緒にいたいものだと思いますが、常にずっと一緒にいると、お互いに息苦しさのようなものを感じ始めてしまうでしょう。

あえて会わない時間などもある方が、新鮮味が持続しますし、男性にだって「会いたい」という気持ちも芽生えてくるものです。

自由な時間を全く与えないとなると、男性は束縛されているような気分になってしまいます。

それでは逃げ出す方法を考えるようにもなってしまいますよ。

おわりに

彼氏といつも長続きしない…という女性は、こういったことを意識してみてください。

男性の気持ちをちゃんと理解して、そばにいないと困るような存在になれると、男性も手放したくなくなるはずですよ。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(中島健/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)