え、マジっ?彼女と別れる寸前の男子が、彼女の家にこっそり忍び込んですること・5つ


あなたからカレに「別れたい」と告げてカレが「嫌だ、別れない!」と言ってきたり、大ケンカをして別れの雰囲気が出たりして、「まだ完全に別れてないけど、マジで別れる5秒前」的な時期ってありますよね。

こういうとき、あることをするために、合鍵を使って彼女の部屋に忍び込む男子が多いです。

そして、このときにカレがした言動は、「あなたとの関係をどうしたいか」を表すもの。
「本当は別れたくない」のか、「もうキッパリ別れる覚悟」なのか、それが手に取るようにわかりますよ。これを知っておくと、別れ際で上手に立ち回れそうです。

そこで今回は、20代男子30人に「別れ際に彼女の家でしたことがあること」を、そのときの気持ちと一緒に聞いてみました。

1.身辺整理

「彼女の家にあるパジャマとかヒゲソリとかをコッソリ持ち帰ろうとした。これは完全に、もう別れる覚悟ができてたからですね」(書店員/25才)

自分の物を持ち帰ろうとする。
これを、彼女がいない間にコッソリしようとするところがポイント。彼女の引き止めてもらいたかったら、あえて彼女がいるタイミングでこれ見よがしに「これ全部持って帰っちゃうからね!」ってするはず。

家に帰ったら、別れ話をしていたカレの荷持が消えていた。これはもう、おしまいですね……。

2.籠城

「彼女が会ってくれないから、彼女の家に立てこもった。これはわかりやすいと思うけど、彼女のことを諦めきれなかったから」(大学生/22才)

これはわかりやすい(笑)。帰ったら、「なんでいるの!? 別れようって言ったじゃん」みたいな。

でも正直、こういうことをすると逆効果なのに、男子はそういうのわかんないんですよね……。

3.手紙を書きにくる

「彼女の家に行って、手紙を書いて帰ったことがある。
書いている間に彼女が帰ってきて、感動してほしかったし、『ありがとうさよなら』って内容だったけど、じつは未練たらたらだった」(営業/26才)

涙ぐましいですね……。お手紙風なLINEを送るならまだしも、わざわざ彼女の家でこれをするあたり、すごい未練を感じますね。

4.プレゼントを奪い返す

「彼女にあげたペアリングとか、ネックレスとかを全部返してもらいに行った。気づいた彼女に、『返してほしい』って言ってほしかった。スルーされたけど……。そんときは辛かった」(美容師/26才)

これは1と違って、いくらあなたのいないタイミングでコッソリでも、未練のサインでしょう。
なくなってしまったプレゼントを見て、かなしいって思ってもらいたいんでしょうね。

5.下着を盗む

「パンツ盗んだことある(笑)。単純に、最後の土産としてほしかった。俺も若かったね」(ウェブ系/27才)

こんなのたったの1人しかいませんでしたが、面白かったので書いときます(笑)。
「これはもう絶対に別れる」と覚悟して、せめてもの慰めとして持ち帰ったということでしょう。私ならかわいそうなので、これくらいは許してあげますかね……。

おわりに

どうでしたか? 別れ際になって、しかも「まだ別れたくない!」と思ってると、こういう意味不明な行動に出ることがあります。

でも、その行動が意味不明なほど、あなたに未練がありすぎてどうしたらいいのかわかんなくなってしまっているということ。

カレの行動に未練を感じたら、仲直りしてあげるかどうかをもう一回冷静に考えてあげてもいいかもですね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)