2016.03.14

顔の部位から相をみる!人相で見抜く自分と彼の性格 眉編

よく「顔には生き方が刻まれる」と言われますが、これはまさにその通り。顔というのはその人のプロフィールを表しているものなのです。持って生まれた顔は、両親や先祖から引き継いだものですが、後からつくられる顔は生活環境や考えが反映されてきます。持って生まれた顔は簡単に作り替えられませんが、自分で作る顔はどのようにも変えられるもの。そこで、ここでは自分と他人の顔を知り、人相上のタイプを見極める方法をご紹介いたします。今回は眉について見ていきましょう。

眉が長く美しい人は家族思い

眉は金運や健康運、家庭運や情緒などを見るところです。顔の各部分の中では、とくに血縁関係をあらわしています。眉が長くて美しい人は、家族を思う情が深く、互いに節度をもち仲良く協力していく事に当たるので、家庭が栄え団らんの楽しみに恵まれるでしょう。それに対して、眉毛が貧弱だったり、乱れて粗暴な形だと、血縁を思う情が薄く、いざという時に頼りにならないことが。しばしば意見が衝突するので、眉はきちんと整えておきましょう。

眉の太さで兄弟や身内とのご縁がわかる

眉にはその時の感情や性格がよくあらわれます。例えば、太くて濃い眉は精力的で勇敢な相で、兄弟や身内との縁も密接になります。一方、細くて薄い眉は気性も精力も弱く、親族との縁も希薄な相ですが、そのぶん優美さを兼ね備えています。また、上流社会の人々はいずれも眉が美しく長いのに対し、下流になるほど眉の毛質が太く粗いため、。乱雑で整わない傾向があると言えます。そのため、眉は人の貴賎をあらわすところとも言われています。

眉頭より眉尾が下がっている人は善良

眉にはその人の気性もよくあらわれます。例えば、気が弱く他人に振り回される優しい性格の人たちは、たいてい眉頭よりも眉尾が下がっているのが特徴です。人に迷惑をかけられても自分が悪いと思ってしまいがち。一方で、眉尾がかなり上がっている、眉が少なく眉骨が高くて眉毛が硬く直立している人は、せっかちで負けず嫌いなタイプ。人間関係のトラブルや衝突が起こりやすいので、物事を慎重に進める必要があるでしょう。

眉間の色ツヤで近い将来の運気がわかる

眉間の色は、現在および近い将来の運気を表しています。環境の影響も非常によくあらわれるところなので、自分や身近な人の眉間の色を日々観察していると、その人が置かれている環境や物事の吉凶の兆しを知ることができます。赤や黒、白いツヤのない色は凶相。運気が低迷したり、口論などのトラブルの暗示です。反対に光り輝く象牙色や黄色、薄い桃色の場合は吉相。健康や財運がやってくる暗示でしょう。

おわりに

相を見る場合には、人相だけでなく骨相、手相、足相などさまざまありますが、人相の良さは顔を見ただけでわかるという利便さにあります。人相は主に、輪郭、目、鼻、口、眉の形や色つやでわかるものですが、これは顔の美醜を問うものではありません。あくまでも人相上の善し悪しです。一つ一つで運が決まるわけではないので、顔全体のバランスを見ることも忘れずに。顔はあなたの履歴書。是非大切にしてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事