ちょっとまって冷静に!後悔する可能性大な「別れたいかも」の種類・5つ


付き合っているカレとの別れをふと考えてしまうときってありますよね。
もちろんそれが十分によく考えた上での判断なら問題ないですけど、ちょっと思いついただけで別れてしまって、あとで後悔するのだけは避けたいですよね。

「ごめん、やっぱりヨリ戻そう……」なんて恥ずかしいしカレにも申し訳ないし、なかなか言えないですからね。

そこで今回は20代女子30人と一緒に「後悔する可能性大な『別れたいかも……』のパターン」について考えてみました。

1.付き合ったばっかり

「まだ付き合いはじめの頃の『別れたい』はだいたい後悔することが多い気がする。
恋人に対する気持ちって、とくに女子は付き合ってから徐々に強くなっていくものだと思うから、もったいないよ」(大学生/22才)

たしかに。とくに最初に好きになったのがカレのほうで、あなたが告白をOKした側のときですね。
こういうのは最初は「正直あんまり好きじゃないかなー」って思っても、あとからじわじわ好きな気持ちが湧いてくることが多いので、ちょっと待ってみたほうがいいかも。

2.ケンカの流れで

「絶対に後悔するのは、ケンカのときの『じゃあもう別れよう!』でしょ。これはまあお互いに『これは嘘だろうな……』って気づいてる感じがあると思うけどね(笑)」(花屋/26才)

もうほとんどケンカのたびに毎回こんなことを言い合ってるカップルもいると聞きます。とくに、男子の側が言うことのほうが多いかもしれませんが……。

ケンカのときについカッとなってしまいやすい女子は、気をつけましょうね。別れるなら、ケンカして頭を冷やしてからで十分です。

3.他の男子にキュンてきてる

「彼氏いるけど、他の男子のことがなんとなく気になっちゃってるときも注意したほうがいいと思う。
こういうのってほんの気の迷いというか、隣の芝生が青く見えてるだけだからね。そういうときは、本当に好きなのはカレだったりするんだよね」(事務/25才)

うんうん。こういうときにその男子から「今の彼氏と別れちゃえよ」とか言われても踏みとどまってじっくりと考えてみること。「元カレの方がよかった……」なんて思っても、後の祭りですから。

4.怒られたあと

「私よく彼氏に怒られてそのたびに『もうこんなんなら別れたいよー!』って友達に相談したりするけどあとになって冷静に考えると、本当に私が悪かったりすることが大半だから、別れなくてよかったっていつも思ってる(笑)」(キャバ嬢/26才)

エラそうに説教とかされたときって、もう楽になりたい!って気持ちで別れを意識することがありますよね。

でも、カレだって一応あなたのためを思って言ってくれているのかもしれませんから、やっぱりすぐに判断するのはよくないですね。この子みたいに、友達に愚痴って慰めてもらいましょう。

5.遠距離やっていく自信がない

「カレが留学するってなったとき、真剣に別れを考えたけどカレの説得で別れなかった。結果なんとかなったし、カレに感謝してます」(大学院生/23才)

「私遠距離とか無理」って思う人がほとんどだと思いますけど、やってみたら案外なんとかなるものなのかもしれませんね。

でもたしかに、やる前に諦めるより、やって失敗するほうが後悔せずに済みそう。留学に限らず、進学や就職で遠距離になっちゃう場合も同じですね。

おわりに

どうでしたか? 両想いなってそれから付き合う。これって、なかなか簡単なことじゃありません。

そんな難しい壁を乗り越えたカレとの関係を終わりにしちゃって、しかもそれを後悔するなんて絶対にしてほしくありません。
「別れたい」の気持ちが起きても、それを実践するかどうか、最低一ヶ月は考えてもいいくらいだと思いますよ。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(中島健/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)