2016.03.18

「見た目の美しさ」だけはもう古い?!女子力もアップするネイルケアの重要性

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。ジェルネイルが流行り始めて、早14.5年経ったでしょうか?

最初はあまり認知されていなかったジェルネイルも、今は多種多様なメーカーから発売されています。
化粧品登録されているジェルネイルも増えて、自爪や肌への優しさを重視するメーカーも増えました。そんな中「ネイルケア」の重要性が最注目されていることご存知ですか?

見た目はキラキラ、ストーンごってり!派手でかわいいネイルでも「外すとボロボロでジェルネイルは外せない」はもう古い?!

今は、ジェルネイルをしっかりと楽しみながら、ジェルネイルを外しても美しい自爪を育成することが主流となっています。
その為にも欠かせないのがネイルケア。今回はネイルケアって何ぞや?ということをお伝えします。

◇甘皮のケアってなんでやるの?

「甘皮って付いてると汚いから取るんでしょ?」て思っていませんか?
甘皮があるとジェルが浮きやすくなるから取るのだとか、ささくれになるから取るのだとか、色々と聞いたことがあると思います。良く耳にする「甘皮のケア」。実は取っているのは甘皮(キューティクル)ではありません。

皮膚の根元から爪が生えてくる時、どうしても一緒にくっついてくる薄皮(ルースキューティクル)。
これがあると、ジェルが外れやすかったり、見た目が不衛生だったりするのは間違いないのですが、何よりも、伸びようとする爪にくっついているので自爪の育成を妨げてしまう時があるのです。

爪の根元の「甘皮(キューティクル)」を取るのではなく、自爪に張り付いている余分なルースキューティクルをキレイに除去してあげることで、健康な自爪の育成のお手伝いをしているわけです。

だから「甘皮取るのって痛いよね」「甘皮取ると少し血が出るよね」なんていうのは大間違い!それは甘皮ではありません。本来は爪の上にある爪上皮角質を取っているだけなので、痛かったり血が出たりは一切しないんですよ。

◇指周りがガサガサだとつい剥いてしまう

指の周りが硬いと、ついつい爪切りで切ってしまったり、硬い部分をちぎってしまったりしていませんか?

ネイルケアってキューティクル周りをガーッと機械で削ることだけではありません。指周りの固く角質化した部分を柔らかくキレイにし、ちぎってデコボコになってしまうことや血が出てしまうことを防ぐ為に行うことでもあります。

しっかりとお湯でふやかして、ちぎってしまう原因になるものもキレイに取り除くことで指先の出血や荒れを防ぐことができます。

◇お客様のご協力あってこそ

ネイルサロンですっかりキレイになった指先を、次回までなるべくキレイに維持する為にはお客様のご協力はかかせません。

キューティクルオイルでのケアを行ってもらったり、ジェルを剥いてしまうことなどがないように気を付けて頂くことを繰り返すことで「ジェルネイルを外してもキレイ」な自爪が育成されるのです。

◇おわりに

髪も爪も「やりっぱなし」では傷むだけ。美しくする為にお金を払っているのにもったいないな、と思う時ありませんか?定期的なケアをプロにお任せしつつ、ホームケアで美しさを保つことが、今、最注目されています。

見た目のかわいさだけに注目するだけ!はもう古いのです。「真の美しさの追求」、早い子は初めていますよー!(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事