恋愛はスピード勝負!?コレの後は速攻で男子にLINEを送るべし!・4シーン


恋愛って、スピード勝負な場面がけっこう多いです。
LINEも、いつもはのんびりマイペースで送るのもいいですけど、カレが「今連絡ほしい!」ってタイミングにはきちんとすぐにLINEを送ってあげないといけません。
そしてこれは、彼氏じゃなくて、気になってる段階の男子でも同じ。

そこで今回は、20代男子30人に「『すぐにLINEほしいです!』な瞬間」について聞いてみました。
「攻めドキ」を見逃さない女子になりましょうね。

1.最初のデート

「付き合う前の初の2人きりのデートの後は、すぐにほしいかも。『どうだったかなー、嫌われてないかなー』って心配だから、すぐにLINEきたら、大丈夫だったんだ!って思えるし」(営業/23才)

初デートのあとは、男子もかなりナーバスになってますので、相手の女子の反応がかなり気になっていると思います。

自分から「今日は楽しかったです!」って送るのもいいし、男子から来たLINEに即レスするのでもいいですけど、とにかく早めにレスポンス!

2.合コンなどで連絡先交換後

「初対面のあと、連絡来るのが遅いと、『社交辞令で交換してくれただけなのかな……』とか不安になるから、すぐにほしいです」(公務員/26才)

これも、なるべく早めがいいかもですね。もちろん、あなたがその男子に興味があれば、ですけれど。
「興味があれば普通、早く連絡くれるはず」と男子は思いますから。

3.カレのいるあなたが、男子と会った後

「合コンなり飲み会なり、男子がいる場所にいった直後には、すぐに彼女に『終わりましたー』って一報ほしい。やっぱり多少は心配してるし」(理学療法士/25才)

とくに、付き合いたての頃にはこういうこまめな連絡をしてあげて「私は浮気しませんよ」ってアピールを続けることで、カレのあなたに対する信頼ができていきますので、こういうのは後々の束縛とかを避けるためにも、大切ですね。

4.大事なことが起きたとき

「この前彼女が、第一志望の会社に内定決まったんだけど、それをまず俺に報告してくる前に、ツイッターにつぶやいたんだよね。
なんか、それがすげー地味に傷ついたんだよね……。まず俺に言ってほしいよそういうときは」(大学生/21才)

恋人同士って、やっぱり大事な報告は、誰よりも先に恋人にしてあげるべき関係ですよね。
こういうときに、友達とか、SNSとかに先に報告されると「自分ってその程度なのかな……」とか思っちゃいます。

親とかなら別に負けてもいいですけどね(笑)。
大事なことの報告は、やっぱり自分にとって大事な人から順番にしていくものですからね。

おわりに

どうでしたか? いつもいつも男子に対する連絡をまめにする必要はないです。それはみんな自分のペースがありますもんね。

けど、1とか2みたいに男子があなたの気持ちを探ってるタイミングとか、3や4みたいに彼氏が「すぐに連絡ほしいな!」と思っているタイミングでのLINEが遅くなってしまうと、ちょっと男子はすねちゃう可能性がありますね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(今井美穂/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)