なぜモテる?地味な女性ほど二股している4つの理由


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

あなたの周りには「地味なのにモテる女性」はいないでしょうか。私は公私ともにさまざまなタイプの女性と話す機会がありますが、地味な女性ほど「実は私、二人の男性とお付き合いしています」という話をするのです。

「女性同士では決して評価が高くない」、地味な彼女たちがモテるのはなぜなのか? 
彼女たちの本音を挙げながら、その理由を紹介していきます。

1.話しかけ、隣に座るハードルが低い

「男の人は、わかりやすい美人より私くらいのほうが声をかけやすいみたい。
私が『彼氏がいる』と言っても口説いてくるのは、『この子なら奪えるかも』と思っているからかもしれません。けっきょく奪われないので、『まあいいか』という感じですね(笑)」

1つ目の理由は、声のかけやすさ。男性にとって、あまり着飾っていない地味な女性は、隣に座ったり、話しかけたりするときのハードルが低いもの。
また、「押せば落とせるかも」という淡い期待を抱かせられるのもポイントです。

2.「二股しない」と油断させる

「本命の彼が『この子は浮気しない』と完全に油断しているんですよ。束縛はそれなりにされるけど、『友達とご飯食べに行く』と言えばだいたい大丈夫です。
もともと付き合い始めるときも、『家庭的な感じがいいね』と言われたので、私に良妻賢母のようなイメージを持っているのかもしれません(笑)」

2つ目の理由は、「地味な女性は二股や浮気はしない」という男性の油断。出会いの段階から勝手にそんなイメージを持っているため、束縛がゆるくなりがち。

彼女たちは見た目こそ地味ながら、彼の前では家庭的な振る舞いを見せるなど、そのイメージを賢く利用しているのです。

3.彼の色に染められることへの反動

「彼のことは好きなのですが、私が地味なタイプだからか、『こうしたほうがいい』『あれに変えてほしい』と自分の思い通りにしたがるんですよね。
私が言うことを聞く女だと思っているのかもしれませんが、そうされるほど他の人に癒しを求めたくなってしまいます。自分の着たい服や髪型で飲み会に行きたくなるのは、彼のせいですから(笑)」

3つ目の理由は、「彼の色に染められる」ことへの反動。服、ヘアメイク、キャラクターなどに関して、男性としては良かれと思って言ったとしても、本人からしたら窮屈でしかありません。

自分らしい服、ヘアメイク、キャラクターで飲み会へ行く女性が多いのはそのためであり、地味でもノリがいいためモテるのです。

4.見た目とベッド上のギャップ

「女性同士だとパッとしないような印象を持たれることも多いけど、不思議と男性からは『エロイね』と言ってもらえるんですよ(笑)。

『見た目の雰囲気が地味な分、いろいろ妄想させられるのかな』とか思っています」

4つ目の理由は、地味な見た目とベッド上のギャップ。胸の谷間が見えるような服の女性はセクシーではありますが、一夜限りの関係になりがちで二股までは進みません。

その点、地味な女性のほうが、見た目とベッドの上でのギャップがある分、男性たちの妄想力を刺激し、日ごろの安心感もあることから、「つき合うならこっちのほうがいい」と思われやすいのです。

「二股が2倍幸せ」とは限らない

あなたは4つの理由を見てどう感じたでしょうか。「何か男の人から軽く見られているみたいで嫌だな」と思った人は、プライドが高く、表面的なところしか見ていないのかもしれません。

いずれの理由も、有利な立場にいるのは男性ではなく、地味な女性。男性側が地味な女性を追いかけているのであって、少しくらい美人が現れたとしても「彼女のほうがいいな」と思わせて有利な立場にいるのです。

ただ、間違えてはいけないのは、「2股をしているから、2倍幸せというわけではない」ということ。

けっきょくどんな恋をするかも、幸せに過ごせるかどうかも、あなた次第なのです。いずれにしても、彼女たちがモテる理由には参考になる部分が多いので、あなたの恋に生かしてみてはいかがでしょうか。(木村隆志/ライター)

(ハウコレ編集部)