2016.03.20

キスから先に進みたい…気持ちを自然に伝える3つのアクションとは

彼との甘く楽しい時間をお過ごしの方、悩みはありませんか?大好きな彼とはキスより先に進んでみたい……という気持ち、女性でも芽生えておかしくはありません。

でも、彼が中々その先へと進んでくれなくてもどかしいときは、そんな気持ちを自然に伝える行動を取り入れてみましょう!

1.キスした後、寂しそうな顔をして抱きつく

「キスのあと、ちょっと寂しそうな顔をされると燃えますね! もっと一緒にいたい、くっついていたいって抱きしめられるとグッときます。」(20代男性/会社員)

男子だって、本当はキスよりも先のことをしたいはず。でも、大好きな彼女にあまりに焦って求めすぎて嫌われてしまわないかが心配しているんです。

そんな彼には、キスをした後に少し寂しそうな顔をしましょう。デートの後の、またね……と別れを惜しむような感じがGOOD。そして彼にギュッと抱き着きましょう。

キスも嬉しいけど、もっと先までしていたいなという雰囲気を醸し出すのがポイント!

2.「もっとくっつきたいな」と一言つぶやく

「気持ちは伝わるとか言いますけど、言葉にしてくれないと伝わらないこともあるんですよ。男って、ニブいから…。もっとくっつきたいと素直に言ってくれると嬉しいです。」(20代男性/大学生)

雰囲気で感じ取ってくれないニブい彼には、思い切って言葉にして伝えるしかありません。
「エッチしたくないの?」とストレートに表現するのはムリ!という女子でも言えちゃいそうなセリフが「もっとくっつきたいな」という一言。

これなら恥ずかしい気持ちを抑えて可愛らしく言えそうですよね。もちろん、言われた彼も、嬉しい気持ちになること間違いなし!

3.抱きしめたとき、手を彼の背中からお尻のほうへ下げてみる

「彼女の手の行先って、ちょっと気になってしまいます。背中を抱きしめてた手が、段々と下がってきたら…なんか、これってその気になってる?と感じちゃいます。」(20代男性/大学生)

ギュッと抱きしめ合ったときに、彼の背中に手をまわしていることと思います。その時に段々と彼のおしりのほうへと手を下げていきましょう。彼は、アレ……と思うことでしょう。

彼をドキっとさせるには、彼のカラダの普段触らないところまで優しく触ってあげるのが一番。イヤラしすぎないボディータッチで、彼の野獣モードのスイッチを押してみてはいかが?

これより先にいってもOK!というサインを出しましょう

なんで男子がガツガツしてこないのか……もしかしたら、わたしって魅力が無いのかも?なんて不安に思うことはありません。

ガツガツしてしまって嫌われないかどうかを男子は心配しているだけ。なので、キスよりも先にいっても大丈夫だよというサインを出してあげることが大事です!

おわりに

キスより先に進んで、彼のすべてを知りたい……そう思ったら、女子らしいアクションで自然に彼を誘惑しちゃいましょう。(仮屋園ユイ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事