上司に対するコミュニケーションテク ヤ行編 名前の最初の文字でわかるコトダマ診断


名前の最初の一文字には音韻のパワーが込められています。ア行~ワ行の10のタイプに分類される音の響きであなたの全てが分かります。

そこで今回は、音の響きを活用して性格を分類する「コトダマ診断」にて、ヤ行のあなたが上司とうまくやっていくためのコミュニケーションテクニックをご紹介いたします。
(例)タイプの見つけ方:もし涼子なら…最初の一文字は「り」⇒ラ行タイプ

素直な木のタイプ……カ・タ行

・相手がカ行の人
このタイプの上司には、常に信頼して接していくことが大切です。というのも、素晴らしい相性を持っているのですが、最初のうちは上司を引き立てるようなことが多いのです。だんだんと、あなたにも大きなメリットがやってくるので、じっくりと待ちましょう。

・相手がタ行の人
このタイプの上司には、相手のやりやすいよう環境を聞いてみると良いでしょう。上司が仕事をすればするほど、あなたに対する恩恵も計り知れないものになります。結果として、自分にとってもやりやすい環境を作り上げることにもなるのです。

エネルギッシュな火のタイプ……ナ・ラ行

・相手がナ行の人
このタイプの上司には、バランスの良い関係を心がけましょう。この上司は非常にあなたを育てようとしてくれますが、あなたがそれを受け止めきれなくなるようです。愛情はありがたく受け取りつつ、自分のペースを守れるように伝えてみましょう。

・相手がラ行の人
このタイプの上司には、自分ができることをじっくりと考えてから接した方が良さそうです。というのも、上司が求める能力と、あなたが発揮できる力が異なっているため、そのままでは互いに不満を抱えた関係になりそうなのです。うまく折衷案を探りましょう。

情に厚い土のタイプ……ア・ヤ行

・相手がア行の人
このタイプの上司には、素直にアドバイスを受け取るようにしましょう。互いにタイプが近いこともあり、得られたものはすぐに活かせるはずです。ただ、新しいことを始めるようなときには、この上司に頼り過ぎないほうがよいかもしれません。

・相手がヤ行の人
このタイプの上司には、自分の考えや気持ちを素直に伝えてみると良いでしょう。互いに似た者同士ですから、友人のような関係を築くほうがやりやすいです。うまく協力し合えば、仕事において新しいことを始めることも出来るでしょう。

さっぱり堅実な金のタイプ……サ・ワ行

・相手がサ行の人
このタイプの上司には、常に持ち上げる姿勢でいると良いでしょう。行動力があり仕事ができる上司ではありますが、感情的なところがなかなか合いません。あなたが立ててあげることで、相手も比較的冷静に接してくれるようになるはずです。

・相手がワ行の人
このタイプの上司には、相手のやり方から学ぶようにしましょう。どちらかといえばじっくりと仕事を仕上げていくタイプの上司ですから、あなたはついイライラしてしまうかもしれません。しかし、それはあなたに足りない部分でもあるのです。

柔軟で神秘的な水のタイプ……ハ・マ行

・相手がハ行の人
このタイプの上司には、仕事のペースを理解してあげることが必要です。あなた以上にスピード感にあふれる相手に、あなたはついていけないかもしれません。合わせられなくても、これが相手のスタイルなんだと理解しておくだけでも、やりやすくなるでしょう。

・相手がマ行の人
このタイプの上司には、できるだけ褒めるように接していくといいでしょう。お互いに手助けしようと思っても、どうものれんに腕押しになってしまうようです。積極的に良いところを見つけておくと、安定した関係になるでしょう。

おわりに

生まれてからずっと呼ばれ続けてきたあなたの名前。もしも一日に100回呼ばれるとしたら、一生のうちで3百万回以上は呼ばれることになります。それくらい日常的で無意識の内に「音の響き」が刷り込まれます。

このコトダマ診断を活用してより楽しく素敵な毎日を送ってみてはいかがでしょうか?(草彅健太/ライター)

(ハウコレ編集部)