ユング心理学×西洋占星術でわかる「あなたと獅子座の相性」


ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。

その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的にエレメント別に各相性をご紹介致します。今回は獅子座への接し方についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。

Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?

1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、獅子座とどう接すればいいのか、あなたの選んだ番号を見ていきましょう。

1、2のあなた…思考型:人騒がせだけど面白い相手

あなたにとって獅子座生まれの人は、一見、流行や話題の情報に関心が高く、精通しているようにも見えますが、よくよく聞いてみるとどこかピントがズレていたり、おかしな勘違いをしているようなところがあります。

人を振り回すことも多いのですが、なぜか憎めない相手で「人騒がせだけど面白いヤツ」という印象でしょう。ただ、じっくりと何かを語り合ったりするシーンでは、やや役不足かも。

3、4のあなた…感情型:刺激的な生き方に惚れる可能性

あなたにとって獅子座生まれの人は、自分が人に認められることが重要なので、いつもあちこちに飛び回っているという印象でしょう。あなたはそんな彼を、面白くて新鮮だと感じることも。

ただ、ずっと一緒にいるとなかなか難しい部分があるかもしれません。ジェットコースターのような人生を好むので、気が休まる暇がないからです。相手の人生に巻き込まれても良いと思えるような覚悟があれば、飛び込んでみても良いかも。

5、6のあなた…感覚型:自分がフォローする損な役回りに

あなたにとって獅子座生まれの人は、プライドが高くその自信過剰な姿勢についていくのが大変かもしれません。見栄っ張りな面がありあれこれと手を出すために、フォローしてくれる相手がいないと不機嫌になることも。

言うことが気分で変わることもあるので、半分くらいを聞いておく心づもりでちょうどいいかもしれません。リーダーシップをとることができる長所もあるので、上手く乗せていくことがポイントでしょう。

7、8のあなた…直感型:良いところ探しをしてあげる必要

あなたにとって獅子座生まれの人は、優れた部分と子供のように未熟な部分のばらつきが大きく、上手く活かすには周囲の人達の支援にかかっているところが大きいと感じられます。

そのくせ、人の話をなかなか聞かず、ワンマンにことを進めたり、人間関係が嫌になってふてくされたりなど、気分にムラがある相手でしょう。あまり厳しい接し方をせずに、相手のいいところを認めながら関わることが大切です。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。

ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。

あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと人間関係も円滑にいくでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)