2016.03.26

暖かい春、ハンドクリームのベタつきが気になる!そんなときのハンドケアグッズ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。暖かくなってきましたね!気温が春陽気の日はちょっと汗ばむくらいです。こう暑くなると・・・そう、ハンドクリームなんて絶対塗りたくありません。ぬるぬるになっちゃうじゃん!

でも、肌の乾燥は待ってくれません。冬のカサカサ肌って、春夏の紫外線やエアコンの風による影響なんかも大きいのです。汗ばんでいるからこそ気が付きにくい手の乾燥。毎年、冬だけの限定保湿じゃ、ある年突然にシワシワでゴワゴワの手になってしまっているかも?

今回は「ハンドクリームが嫌ならせめて塗っておいて欲しいコレ」をお伝えします。手は年齢がとっても出やすいパーツ。コレを塗っているかいないかで、冬の手肌の乾燥度合いも違ってくること間違いなしです。

ネイリストは必ず塗っている

手荒れNGと言っても過言ではないネイリストという職業。そりゃそうです。手と爪が商売道具です。そんなネイリストが必ず手に塗っている物。それは、基礎化粧品。

もちろん、例外のネイリストさんもいると思いますが、ネイリストに聞いてみると一番多い答えがコレです。「朝と夜、顔に塗っている物を必ず手にも塗る」毎日続けるこの効果は大きいです。化粧水、美容液、乳液。

朝と夜、手にもしっかり塗り込んであげることで手のキメがしっかり整います。昼間の保湿ももちろん大事ですが「朝晩しっかり」おすすめです。

ベタつかないといえばコレ

冬であろうと春であろうと「とにかくベタつくの無理!」という方が塗っているのが炭酸水。普段、炭酸水を飲むことが多い方なら、一番取り入れやすいかもしれません。手にこぼしてヒタヒタと浸透させるだけの手軽さ。臭いもないですし、ベタつきもありません。

手を洗った後に垂らしてみたり、ちょっとした飲み残しを垂らしてみたり。炭酸水は飲んでも良し、塗っても良しの万能ドリンクです。

浸透力なら間違いなし?!

ハンドクリームってなかなか浸透力を感じないですが、全部ではないにしろハンドクリームは肌にベールをかける効果のものが多いのだとか。手肌の皮脂に一番近いと言われているのはオリーブオイルだそうで、ハンドクリームのベタつきや香りが苦手という方にオリーブオイルをおすすめしたら、一か月で劇的に手荒れが治ったことがありました。

もちろん、個人差もありますし合う合わないもありますが、肌の成分に近い物をしっかり浸透させたいならオーガニックのオリーブオイルを少量手に馴染ませてみてください。

肌に浸透していく感じもわかりやすいですが、強い香りもほとんどないので、お料理の前後やお食事の席などでも気が付いた時に塗ることができます。オリーブオイルを塗った後手を洗っても、しっかりしっとり感は残っているので気持ちいいですよ。

おわりに

冬の手荒れは、春夏にどれだけ手を労われるかにかかっていると言われていて、汗ばむ季節に汗にまどわされずに保湿を行うことが大切なポイントです。

毎年、冬のカサカサに悩む方は、今年は春から手荒れ対策をしてみてくださいね。今年の冬は手荒れが少し改善されているに違いありません。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事