春を逃さない!お花見で絶対にモテるテク・4選


皆さん、体調を崩したりしていませんか?冷えが厳しい時期になってきて、春はまだなのか!と待ち遠しいですよね。

まだまだ寒いけど、もう少ししたら暖かい季節がやってきます。
満開の桜の下で、男女何人かでお花見してワイワイしよう!なんて予定を立てている方も多いのではないでしょうか。

片想いの彼がいたら、お花見は一緒に出掛ける絶好のチャンスかもしれないですね!今回は、男性30人と『お花見で思わず意識してしまう女の子ってどんな子?』をテーマに話し合ってみました!

1.手料理の持参(おつまみ系)

「酒とか食べ物とかは買っていくけど、あえて手作りのちょっとした物を持ってくる女の子は家庭的でいい。」(27歳/会社員)

「あえて感がいいよね!オシャレな料理も良いし凄いとは思うけど、唐揚げとかちょっとしたつまめるものを持ってきてたらスグ無くなるし男は好きだと思うよ!」(25歳/工場)

お酒を飲める年齢の方々は、ダントツでおつまみ系の手料理持参でした。そういった意味では男女何人かでお花見する場合、お酒は買って行ってご飯は女子がそれぞれ手作りで持参するっていうのも良いですね!

普段手料理なんて振る舞う機会もないでしょうから、お花見には是非!

2.手料理の持参(お菓子)

「男子だって甘いものも食べたくなりますよ!ご飯ばっかり食べてたらお腹いっぱいになっちゃう…。こんな時、お菓子とか持ってる女の子がいたら僕はキュンですね(笑)」(21歳/大学生)

私はこんな事を言うこの男の子にキュンですが(笑)
意外と女性よりも男性の方が甘いものを好む方は多いようです。
みんながご飯物やおつまみ系に意識が行きがちですが、お口直しに手作りお菓子をソッと忍ばせておくとモテちゃうかも!

3.ティッシュの持参

「飲んだり食べたりする時もティッシュは必要だし花見するなら色んな場面で必要になってくると思う。」(24歳/公務員)

「買ったご飯についてきたおしぼりしかないって状況、ありえなくない?女子ならティッシュくらい持っとけよ~!って心の中で思うかな…。」(27歳/音楽関係)

こういった外でご飯を食べたり人が多かったりする場所では乾いたティッシュ、ウエットティッシュは両方あった方が良いみたい。女子として常に持っておきたい必須アイテムですよ。

4.カジュアルな服装が吉

「春って結構風吹くじゃん?だから、ミニスカートとかで来られたらおバカちゃんなのかな?って思っちゃうかも。」(26歳/フリーランス)

「一昨年だったかな、会社の同僚とその友達と花見した時に、その友達の女がヒールの高い靴にミニスカートで来て足痛いだの座る時にパンツが見えるだのギャーギャーうるさかった。それ以来、TPOに合わせた服装が出来ない女が嫌い。」(28歳/広告代理店)

もちろん「スカートで来てくれた方が男としては嬉しい!」っておっしゃる方も居ました。でも、最終的には過度な露出は控えた方が良いんじゃないか!という意見に。

確かに女の子らしい服装で来たら男性の目を引くことは出来ると思いますが、それは目当ての男性だけではなくお花見に来ている全く関係のない人の目線までいただいちゃうことになります。それではこちらがただのスケベになり兼ねません。

本当に目当ての彼の気を引きたいならば、お料理だったり気配りで内面から見てもらった方がいいんですよ。

おわりに

人気お花見スポットには大勢の人が集まります。わけのわからない酔っ払いもたくさんいるので、やはり最後の服装についてはカジュアルが吉だと思いますね。

自分にも春が来るように!程よく酔って、綺麗なお花をみて、美味しいご飯を食べて彼との距離を縮められたらお花見大成功ですね!

あっ!お酒はハタチになってからですよ!(木口美穂/ライター)

(ハウコレ編集部)
(前田希美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)