2016.03.29

まだ冬足ひきずってるの?黒タイツを脱ぎ捨てて「春の美足」になるためのポイント

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。突然ですがあなたの足、春仕様になっていますか?

色々タイツで隠せてしまう冬は終わりました。「春だなぁ」なんて肌色のストッキングを履いたら・・・あれ?なんか足汚い?!

季節が春に変わる今、足も春仕様に変化させないと肌色ストッキングを履くのもはばかられますね。履こうと思った当日の朝に焦ることのないように、今から春足の準備をしておきましょう。

◇冷えて浮腫んでない?

一番ありがちな「冬足」は冷えて浮腫んだ足。冷えによって血色も悪くなっていませんか?
せっかく暖かい季節になってきたことですし、ストレッチやウォーキングで足を温めて、浮腫みもくすみも撃退しておきましょう。

冷えで青白く、浮腫みでぼよっとした足のままだとなかなか黒タイツを止められません。春らしいカラフルなタイツや薄手のストッキングを着用するなら、冷えと浮腫みは大敵です。

◇すね毛ケアの季節です

「見えないし」ついついサボりがちなムダ毛ケア。ここは「ムダ毛」なんてかわいく呼ばずにあえての「すね毛」でいきましょう。女子のすね毛、結構見られています。

肌色ストッキングの中に渦巻くすね毛、ごまかせていませんよ。
「彼氏いないし、誰に見せるわけじゃないし」なんて思ってしまいがちですが、口には出さずとも世の男子は肌色ストッキング内に渦巻くすね毛に気付いている人多し!恋のチャンスも遠のくってもんです。

夏だけじゃなく肌を見せる季節が始まりだしたら気にすべきポイントですね。

◇カサカサごわごわ放置するべからず

冬を越えたヒザやカカト、ゴワゴワしていませんか?カサカサで粉を吹いているままで春足にはなれません。

冬は、乾燥の季節であることに加え、タイツや靴下などと擦れる機会も増えるので足がカサカサになりがちです。

お風呂でしっかりふやかした足にスクラブをかけて古い角質を除去したら、たっぷりめの保湿クリームで潤いを足してあげましょう。

◇薄くてもいいからペディキュアを塗ろう

冷えもOK!浮腫みもすね毛もカサカサも完璧!ときたら、あとはうっすら春色のペディキュアでとどめです。薄い肌色ストッキングや生足の状態でパンプスを脱いだ時、ボロボロの欠けた爪の先じゃもったいない。

美しい春足の最後のポイントはペディキュアです。ネイルサロンで盛りに盛った派手ネイルにする必要はありません。薄っすらピンクで色づいているだけでOK!足の衣替え完了です。

◇おわりに

普段から足に気を使っている状態が文句なしのNo.1ですが、女子はなかなか忙しいわけで。ついさぼっちゃうんですよね。冬。

ストッキングにしろ、生足にしろ、どんどん人前に肌を晒す季節はやってくるので、急に「しまった!」と冷や汗をかかない為にも、足の衣替えはお早目がおすすめです。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事