2016.04.03

いい雰囲気なのにどうして?男性が「告白してくれない」4つの理由

何度かデートも重ねて、いい感じの雰囲気にはなっているのに、なかなか告白してくれない男性。

こういうとき、男性の本心は一体どういったものなのか、女性としてはすごく気になりますよね。

そこで今回は、いい雰囲気なのに「告白」をしてくれない男性の本心について紹介します。

1.「トラウマ」を持っている

恋愛に対してトラウマや傷などを抱えていると、新しい恋にもなかなか踏み込めないものです。
例えば元カノに親友と浮気をされたり、激しい束縛をされたり、ヒドいフラれ方をしたり…。

そんな経験をしていると、女性そのものに対して恐怖心が芽生えてしまい、「今は良くても、付き合うとまたあんなことになるかも」と怖気づいてしまうのです。

普段の会話の中などで、彼が過去に辛い恋愛をしたようであれば、告白を急かしたりせずに、じっくり時間をかけて信頼を得ることが大切です。

2.「確信」が持てない

男性はプライドが高かったり、それでいて臆病な面もあるため、女性に告白して断られることを非常に恐れています。ですので、女性からの好意が感じられないと、自分から踏み込むことができないのです。

「告白しても大丈夫だろう」というある程度の確信が持てるまでは、告白はためらってしまう可能性もあるでしょう。

ちゃんと好意があるということは伝えておかないと、男性も足踏みしたままになってしまいますよ。

3.「キープ」されてしまっている

一緒にいると楽しいし、あなたに対して好意だって持っている。でも、まだ他の女性とも遊んだりもしたい。

男性がそんな気持ちである場合、いい雰囲気ではあっても告白してこないというケースはあり得ます。

特に、あなたの方が完全に男性を追いかける形になっていて、男性もあなたの想いにはっきりと気づいている場合、「この子は俺のことが好きだから大丈夫だ」と、男性が安心してしまいがち。

そうなると、あなたをキープしながら、他の女性を探すなんてことにもなり兼ねません。あまり女性の方から追いかける形にはならないほうが良いでしょう。

4.「一線」を越える気がない

いくらあなたが、「いい雰囲気」だと感じていても、それは男性側からすると「友達」としてしか見ていないこともあります。

友達としていい関係であるだけで、そこに恋心がないというのも大いにあり得ることなのです。

もしそうなら当然、彼が告白してくることはありませんよね。その男性のことを“男”として見ていることをそれとなく伝えてみて、もしも男性がちょっと距離を置くようになったりしたら、脈がなしでしょう。

ただ、いい関係性を築ける仲ではあるので、これから恋愛感情が芽生えることだって十分にあるはずですよ。

おわりに

「告白」をするのは、男性だってかなりの勇気がいるものです。告白されないからといって、必ずしもあなたに気持ちがないというわけでもないので、男性がどういう心境なのか、じっくり見極めることが大事ですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事