2016.04.05

顔の部位から相をみる!人相で見抜く自分と彼の性格 鼻編④

よく「顔には生き方が刻まれる」と言われますが、これはまさにその通り。顔というのはその人のプロフィールを表しているものなのです。
持って生まれた顔は、両親や先祖から引き継いだものですが、後からつくられる顔は生活環境や考えが反映されてきます。

持って生まれた顔は簡単に作り替えられませんが、自分で作る顔はどのようにも変えられるもの。

そこで、ここでは自分と他人の顔を知り、人相上のタイプを見極める方法をご紹介いたします。今回は鼻について見ていきましょう。

吉相1、筒切り鼻

鼻の頭の形が整っておりまっすぐで、筒を縦に裁断したような形と言えます。鼻の頭が偏ったり斜めになったりせず、鼻の付け根は少し柔らかく、鼻すじから鼻翼(鼻の膨らみ)まで豊かに膨れていると吉相。

仕事面で成功し、金銭を得ると言えるでしょう。また、家を発展させる相でもあるため、結婚後、円満な家族に恵まれるでしょう。健康面も申し分なく子供も授かると言えます。

吉相2、吊るし鼻

額から隆々として垂直に下がる相が、この吊るし鼻。まるで羊の胆のうを吊るしたような形で花の先端に弾力があると言えます。鼻の付け根は段があったり偏ることなく、なだらかな形をしていると言えます。

ややプライドが高いとも言えますが、気品があり、玉の輿に乗りやすい吉相でしょう。自分の身を着飾ることを好み、少々面食いではありますが、それ相応の男性に恵まれるはず。

吉相3、袋鼻

袋の中にものをいっぱいに入れて吊るしたような鼻の形と言えます。

しかし、小鼻は丸く小さいのが特徴。鼻の左右が対象で整った形状と言えます。財運が強く、無駄遣いもしないのでお金が貯まっていくと言えます。恋愛においては堅実な性格から、やや奥手ではありますが、しっかりもののいい異性を捕まえるでしょう。

ただし、鼻下の溝(人中)が上の方が開いている形だと晩年苦労しやすいと言えそうです。

吉相4、伏し鼻

額に挿したようなぴったりとした鼻で、付け根はまっすぐで眉間は盛り上がっているでしょう。肉付きは厚くないのですが、骨ばっていてゴツゴツはしていません。目ヂカラが強ければ、社会的な地位は非常に高くなる経営者の相と言えます。

ただ、女性の場合は強すぎる運気のため、やり手の女社長にはなりますが、恋をする余裕がないかも。慎み深くすることが大切と言えるでしょう。

おわりに

相を見る場合には、人相だけでなく骨相、手相、足相などさまざまありますが、人相の良さは顔を見ただけでわかるという利便さにあります。

人相は主に、輪郭、目、鼻、口、眉の形や色つやでわかるものですが、これは顔の美醜を問うものではありません。

あくまでも人相上の善し悪しです。一つ一つで運が決まるわけではないので、顔全体のバランスを見ることも忘れずに。顔はあなたの履歴書。是非大切にしてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター)

関連記事