2016.04.07

へ、へぇ……。男子は「彼女という存在に疲れた時期」をこうやって乗り越えている

みなさんにも、「彼氏に疲れちゃった……」みたいな時期はありますよね。男子にもやっぱりこの時期はあって、「彼女という存在に疲れた。別に今すぐ別れたいわけじゃないけど」みたいなことを思っているそうです。
この時期は、正直どんなカップルでもやってきます。この時期を無難に乗り越えることが、長続きの秘訣とも言えますね。
じゃあ、男子はどうやってこの時期を乗り越えるんでしょうか? 20代男子30人に聞いてみました。
あなたのカレがこれらの5つのことをしてたら、「あー、今そういう時期ね」とそっとしておいてあげるのが一番ですよ。

1.楽なデートだけする

「お出かけとか、疲れるデートはやめて、家デートとか楽なデートだけする。ストレスのない、ただただ楽なデートね」(営業/24才)

男子にとって一番楽なデートはやっぱり家デート。お金もかからないし、寝てるだけでいいし、エッチもできる。カレがお家デートばっかりしたがる時期は、「彼女に疲れてる時期」と思って、しばらくは無理して外に連れ出さずに我慢するのも大事ですね。きっとそのうちまた外に行きたがりますから。少しの辛抱です。

2.友達に愚痴る

「彼女の愚痴を言いたくなる時期って、彼女に疲れた時期だと思う。そういうときは、好きなだけ友達と会って愚痴を言わせてほしい」(大学生/21才)

友達ならいいけど、ツイッターとかでさりげなく悪口を書くなんてのもあると思います。これはちょっとマナー違反でカレも改善すべきですけど、愚痴を言うこと自体は大事かも。そういう時期って、私たちにもありますよね。

3.他の女子とデートする

「そういうときは、別の彼女以外の女子と遊んだりして、気分転換に限ります。そういうことしてると、『彼女っていいな』とかも思えるしね」(フリーター/24才)

普段からチャラい男子ならまだしも、普通の男子が彼女以外の子と遊びたいのはこういう時期。それを禁止しちゃったらカレは気分転換できないままなので、こういうときは放っておいて好きなだけ遊ばせてあげましょう。もちろん浮気は禁止って伝えた上でね。

4.別れるデメリットを考える

「『別れたらこんな嫌なことがあるなー』とかいろいろ考えて、なんとか踏ん張る」(メーカー/25才)

これもやりがちですよね(笑)。こういう時期には、「私と付き合ってるとこんなメリットがあるよ!」みたいなアピールとして、カレが喜びそうなことばっかりをしてあげるのがいいかもですね。料理を作ってあげたり、仕事の愚痴をいっぱい聞いてあげたりね。

おわりに

どうでしたか? こういう時期には、無理してカレを振り向かせようとするのは逆効果。カレに好きなことをさせてあげて、さりげなく「私といるといいことあるよ」というアピールをちょっとだけして、またカレがあなたにゾッコンになるのを辛抱強く待ちましょう。恋愛感情にはどうしても波がありますから、沈むときもあれば、必ずまた浮かび上がってくるときがあります。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)

関連記事