2016.04.09

大学生デビューのあなたへ。先輩が語る、気を付けたいこと5つ

ハウコレ読者のみなさん、こんにちは。
4月から大学生になったという方も多いのではないでしょうか?
キャンパスライフに期待しているところかと思いますが、実は落とし穴がたくさんな大学生デビュー。

今回は、大学生の先輩から意見を集めました。大学入学前後で気を付けないといけないことをご紹介したいと思います。

1.量産型大学生には絶対にならない!

「びっくりするくらい同じ格好をした子がキャンパスにうようよいます。量産型大学生になって埋もれると彼氏争奪戦に乗り遅れるので、自分のスタイルを貫いた方がいいです!」(24歳/OL)

制服がなくなって私服でおしゃれをすることができますが、気を付けないと「よくいる大学生」の一員になってしまいます。
このことは男子の間でも周知の事実で、twitterのネタになってしまうことも…。
埋もれないように、自分をしっかり出すことが大切ですね。

2.SNS事情に惑わされてはいけない!

「入学前からLINEのグループが出来たり、twitterを通して知らない人と繋がりができるけど、実際に会って友達関係って出来てくるものだから、気にしたら負けです。同じクラスの人との方が絶対に付き合い長くなるんだからそこでしっかり友達を作った方がいいですよ」(22歳/大学生)

わたしも経験があります。あるあるのネタです(笑)
見知らぬ人とSNS上で繋がりすぎると、思わぬ面倒ごとに巻き込まれることもあるのでお勧めできません。
友達ができるか不安という気持ちはあるでしょうが、頑張って作るものでもありません。隣の席に座った人に話しかけることから始めましょう。

3.新歓での振る舞いは要注意!絶対に終電を逃がさない!

「新歓は本当に注意した方がいいです。お酒うんぬんもそうだし、酔っぱらった先輩に絡まれて嫌な思いをすることも多いし。
お持ち帰りなんてされたらそれこそ最悪。絶対に終電は逃さないように!」(23歳/金融)

全部の新歓がそうというわけではありませんが、新入生お持ち帰りを狙う先輩がいることも事実です。新歓で素敵な子を見つけてそのままカップルになることもありますが、やはり最初は肝心。

新歓で出会った人と盛り上がっても初日は終電で帰るようにしましょう。本当にお互いに良かったと思えば、後日必ず再び会う機会が訪れるはずです。

4.自分を作りすぎない、自然体で

「大学デビューとかで、いきなり性格を丸ごと変えようとする人いるじゃないですか。
どこかで絶対にボロが出るし、意外と男子ってそういうのに目ざといから、自然体が一番だと思います」(24歳/OL)

「大学デビュー」に果敢にチャレンジする人がたくさんいるようですが、なかなか上手くいかないのが現実です。

どこかでばれて「痛い子」認定されてしまうよりは、最初から自然体で自分を見せる方が好印象です。無理な背伸びはやめましょう。

5.なんだかんだで最初は真面目な方が得!

「服のセンスがいいとか、化粧が上手、とかよりも真面目な方が最初は得だよ。テスト前とか頼られるようになるし、そうすれば自然と話すきっかけもできるしね」(26歳/OL)

なんだかんだ、女子も男子も真面目で誠実な人が好きですし、そういう人と友達になりたいと思いますよね。

授業で色々な人と出会う可能性がありますが、どんな人にでも受け入れられるのは真面目に課題をこなすコツコツ型です。テスト前にヘルプを受けるようになればあなたの勝ですよ!

おわりに

いかがでしたか?大学生活は人生の夏休み、なんて言われることもあるくらい楽しいです。
今回の記事を参考にして、上手いスタートダッシュを切ってくださいね。(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事