2016.04.11

【夢占い】吉凶を占う!お祭りやイベントにまつわる夢4つ

・・・大きなショッピングセンターを歩いていると「○○高校文化祭」と書かれたコーナーができていました。○○高校は私の母校です。珍しい催しなのでいろいろ模擬店をまわってみました。

すると、しばらく会っていない彼氏がたこ焼き屋さんをやっていました。忙しそうにたこ焼きを焼いている彼は私にはまったく気がつきませんでした。彼に声をかけようと思ったところで目が覚めました。

これは20代女性の夢の実例です。この夢は遠距離恋愛の状況を反映したものです。ショッピングセンターは自身の精神的な試行錯誤をあらわし、恋人の置かれた環境や生活サイクルの違いをあらわしています。遠距離でも交際が続いているのは高校時代に出会ったころの絆があるからでしょう。

今後は自身の生活を変えていくことが大切です。行事や催しの夢はトキメキを求める、現状の変化への期待をあらわします。では祭りやイベントにまつわるいくつかの夢をご紹介しましょう。

・花見の夢

桜が咲き誇る大きな会場や野外で花見をしている、お酒を交えての宴会のイメージがあれば対人関係の吉兆です。

ただ、飲食のイメージがない夜桜の夢は一方通行になりがちなコミュニケーションをあらわします。
また、桜の花が散る夢は運気ダウンをあらわし、時に体調不良の暗示になることもあるので注意をはらってください。

・祭、カーニバルの夢

・・・大勢の人が着飾ったペットといっしょに大通りを練り歩いていて、お祭りをやっているようでした。沿道にも大勢の見物客がいて、空いっぱいに色とりどりの風船が飛んでいて、商店やビルが全部カラフルな色に塗られて、とても鮮やかな夢でした。

これは20代女性の夢の実例です。昼間のお祭り・カーニバルを見る夢は気持ちの切り替え、リフレッシュを求めている状態をあらわします。色彩が強いほど疲労やストレスの蓄積を反映します。

また、縁日の夜、夜祭りのイメージは身近な人との対人的なハードルをあらわします。一方通行になりがちなコミュニケーションを反映します。

・行事、催し物の夢

文化祭や学校行事、国際展示会やファッションショーのような催し物のイメージは、あなたをとりまく対人環境の変化を暗示します。

また、夜の催し物や行事の場合、自身が知らないところで周囲の環境が大きく変わっていくことを暗示します。

・野外イベントの夢

・・・大好きな男性アイドルグループのライブに行っていました。ドーム球場のような会場ですが、周囲は山や森にとり囲まれていました。球場の半分がスタンド席、半分が切れて森につながっていました。家族やグループはスタンド席、カップルはみんな森側の席と決まっていました。

私は片思いの人とカップル席にいて、彼は「間違えてカップル席取っちゃった」と笑っていました。ライブが終わったころ、私たちはいつの間にか恋人同士みたいに手をつないで夜の森に入っていきました。

これは女子大学生の夢の実例です。森の中に入るのは人間関係の試行錯誤をあらわします。ライブイベントは彼との交流のきっかけを求めていることをあらわしています。
このように夜のライブイベントの場合、対人的なハードルの高さ、相手へのアプローチが一方通行になりがちな状況をあらわします。

・イベントは未来の入り口

イベントや催し物が大きな規模であるほど、周囲の環境に大きな変化が起こっていることを暗示し、それにともなう人間関係・恋愛関係、仕事・勉強の状況に変化が起こることをあらわします。

こういった夢は自身の対人的なアプローチや対人意識を大きく変えていくことをうながしています。ポジティブな気持ちで変化のタイミングに合わせていくことが大切です。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事