2016.04.14

彼のセックスの誘い方に毎回、イライラ……どうしたらいい?

デートのたびにセックスするわけではないというカップルも多いでしょう。
男性側としては、デートの最中から、「今日はどうなんだろう、誘っていいのかな、いけないのかな」と思うこともあるようです。

「つきあって半年になる2歳年下の彼にとって、女性は私が初めてなんです。そのせいか、いつも遠慮がちなんですよね。
私はもっと彼に引っ張っていってほしいのに。デートの最後に、もじもじしながら、『う、うちに来る? あ、でも忙しいんならいいけど』という言い方。
『泊まっていけば』とすっきりさっぱり言ってほしいんですけど。私はデートのたびに誘われたいのに……」(23歳/団体)

彼、まだまだ女性とのつきあい方がわからないんでしょうね。こういうとき、どうしたらいいのでしょうか。

1.自分からさっさと決めてしまう

彼にリードしてもらいたいという欲求をさっさと手放し、自分が主導権を握ろうと思えばイライラしなくなります。
「男がリードすべき」という考え方は、お互いにプレッシャーになるはずですから。彼を自分好みの男性に育てていく楽しみがあると、考え方を変えてみませんか。

「私は5歳年下の彼と最近結婚したばかり。完全に私に主導権がありますが、かえって自分のやりたいようにできるから、私には向いています。
男だから女だからという考え方に縛られず、向き不向きで役割を決めればいいんだと思う。
ちなみに、セックスのときも私がリードしています」(29歳)

優柔不断な彼にも、この手は使えますね。

2.「もっと求められたい」と言ってみる

彼は断られるのが怖いのかもしれません。だったら、いつでも誘ってほしいと日頃から伝えておけばいいのではないでしょうか。

「私は求められるのが大好き」
「恋人からは、いつでもエッチしたいと求められたい」
というように。そうすれば彼も安心して、「今日、来るでしょ」と言いやすくなります。

3.デートの約束をするときにそれとなく確認

デートの約束をするとき、もしセックスできない状態ならば、「今回は早く帰らないといけないんだ」と言っておくのもひとつの方法です。
そうすれば、そう言わないときはセックスできる日だと、彼にもわかりますから。

そうやって慣れていけば、そのうち、事前確認をしなくても「泊まっていく? きみとしたいんだよ」と彼から言ってくるようになるかもしれません。

4.ふだんからいちゃいちゃする

それでも、「やっぱり彼からセックスしたいと言わせたい」という女性もいるでしょう。それなら、ふだんからいつでも「OK」のサインを出しておくことが必要かもしれません。

たとえばふたりで外で食事をしているときも、カウンターだったらそれとなくボディタッチを増やしておく、外を歩くときは手をつなぐ、たまには抱きついてみるなど、「いつでも誘っていいんだな」と彼に思わせることが重要。

彼にとって初めての女性なら、ときには彼をおだて、ときにはセックスの手順ややり方についてもきちんとダメ出しをして、いい男になってもらいましょう。

おわりに

「彼をいい男に育てましょう」という言い方はあまり好きではありません。彼には彼の個性があるのだし、恋人は彼の母親ではありませんから。ただ、男性が女性に慣れていないのなら、女として伝えていくべきこともあるかもしれません。

「あくまでも私の好みだけど、セックスのときはこうしてくれたらうれしい」とか、「こうされたら感じる」とか。代わりに彼の好みもきちんと把握しましょう。

彼が女性に慣れていない分、一緒に快楽を追求していく楽しみはあると考えて、いい関係を作っていけたらいいですよね。(亀山早苗/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事