2016.04.15

3年以上付き合ったことがある男性に聞いた「長続きする彼女」とは?

彼氏はできても恋が長続きしない。理由は分からないけれどなぜかすぐに振られてしまう…。そんなお悩みをお持ちの女子は案外多いのではないでしょうか。

半年以上同じ人と付き合ったことがない…という人は、何かしらお付き合いしている間の振る舞いを間違えているのかもしれませんよ。

そこで今回は3年以上彼女と付き合ったことがある男性に「彼女と長続きするポイント」についてアンケートしてみました。

1.記念日は大事にする

「長く付き合った彼女とは1ヶ月記念、3ヶ月記念などマメにイベントを祝っていました。
その方が『もうすぐ3ヶ月だなー』とか意識するせいか長続きさせなきゃと思うんですよね」(29歳/飲食店勤務)

毎回豪華な何か、となると負担になるかもしれませんが、記念日そのものを意識する、大切にするのは効果的なよう。

誕生日やクリスマスなどのイベントだけではなく、2人の間だけの記念日を大事にするアイデアはすぐに取り入れられそうですね。

2.好きな気持ちや感謝の気持ちを形にあらわす

「今の彼女は、何かにつけちょっとした手紙をくれるんですよね。
普段あまり好きと言ってくれない方なんですが、手紙に書いてくれるとかなりほっこりするし嬉しいです」(28歳/不動産関係)

頭の中でいくら好きでも、男性は鈍いので伝わりにくいこともあります。

特に、遠慮してあまり好きな気持ちや日頃の感謝を言葉にできていなかったのであればこれからはどんどん形にしていきましょう。

面と向かって言うのは恥ずかしい、という方にこそ手紙を書くのは良いですね。

3.家デートばかりしない

「正直、デートがちょっと面倒で、家でダラダラしたいな…って思うこともあるんですけど、ちゃんと待ち合わせしてどこか出かけると飽きにくいなと思いますね。
以前、元カノと家でゲームばっかりやってたときは飽きちゃって長続きしなかったです」(24歳/大学院生)

確かに、マンネリは別れの近道ですね。一方、手料理が美味しい子とは別れがたい…という意見もありました。

お家デートで美味しいご飯を振るまい、たまには外のちょっとおしゃれなレストランにも行く。こんなバランスを保てると長続きするのかもしれませんね。

4.ダイエットに励む

「彼女と付き合って3年半になりますが、いまだに『可愛いなあ』ってしょっちゅう思ってます。
付き合った頃と比べて全然太ったり老けたりしないし、変わらないんですよね。」(31歳/インターネット広告代理店)

いつも美をキープしようとすると労力は要りますが、男性は視覚から受ける影響が大きい生き物なので、その効果は十分にあるといえるでしょう。

また、恥じらいを忘れてしまった女性の態度も嫌がる男性が多いので、いつまでも緊張感を忘れないことも大事と言えるのではないでしょうか。

おわりに

短命に終わった恋で、もしも振られた本当の理由が分かったからといって、次に付き合う人にそのまま適用できるとは限りませんよね。

ですので、失敗例を気にするよりも男性側の意見や成功例を取り入れた方がうまく行く確率は高くなるはずです。

ぜひ、簡単にできるところから取り入れてみてくださいね!(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)

関連記事