2016.04.23

男子に「私もそれ好き!」と言うと「どうせミーハーだろ!」とイラッとされがちなもの

自分の趣味に対して強いこだわりがある人に限って、ミーハーを排除したがります。
ミーハーというのは、中途半端に興味があるだけで、実はそんなにそのことを知らないということですよね。

ミーハーを排除したがる男子も器が小さいわけですが、それでも、人のこだわりに対して安易に「私も好き!」と飛び込むのはたしかに危険かもしれませんね。
男子に趣味を聞いて、「えっ、私も!」と同調する前に、「へ〜、私にもそれ教えてよ!」と言うべきではないかをよく考えてみましょう。

そこで今回は、20代男子30人に「『私も好きだよ〜』なミーハーを排除したい、俺の趣味」について聞いてみました。

1.アイドル

「女子の知ってるアイドルって、だいたいももクロとかAKBとかそこらへんでしょ?
 それを好きなのは、あんまり『アイドル好き』とは言わないんじゃないかな。誰でもある程度は好きだろうしね」(大学生/22歳)

だそうです。厳しいですね(笑)。たしかに今「アイドル好き」というと、もう少しコアなところを知っている人でないと、こう呼べないのかもしれませんね。

2.洋楽

「女子の洋楽好きって、だいたい超メジャーどころのアリアナ・グランデとかテイラー・スウィフトとかだよね。
でも、男子で洋楽好きっていうと、相当マニアックなファンが多いから、あんまり安々と『私も洋楽聞きます!』とか言うとイラッとされるかもね」(営業/24歳)

なんだか、「別にミーハーでいいじゃん(笑)」という気がしてしきました……。趣味にうるさい人って、面倒くさいですね(笑)。

少なくとも、フェスとかに来るような海外アーティストくらいは一通り押さえておかないと「洋楽好き」とは言えないのでしょうか……。

3.サッカー

「女子のミーハーサッカーファンが多い! どうせウッチーキャーキャーカッコいいとかだろ!」(フリーター/24歳)

サッカーも門戸の広いスポーツに見えて、かなりうるさいファンが多いですよ。こういうファンは、渋谷とかあのへんで騒ぐファンを心から嫌悪してますから、間違っても「私もよくスポーツバーとか行くよ!」みたいに言わないことです。「サッカーはひとりで見るもんだ」と怒られてしまいますからね。

4.アニメ

「アニメの世界に飛び込むには、相当の覚悟を要するものだ。生半可な知識で、アニメ好きを公言していいものではない」(営業/25歳)

それこそ、アニメ廃人になる覚悟でしょうかね……。有名どころのアニメのタイトルや主人公の名前を言って、「私もアニメに対して理解ありますよ!」感を出すのは危険なのかもしれません。

そういえば僕も、「けいおん!は好きだった」と言ったら、「アレはアニメじゃないよ」と意味不明なことを言われた記憶がありますね……。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 趣味の中でも、どっぷりハマってしまいやすいような趣味については、ミーハー排除の傾向が強いように感じます。

逆に「飲むのが好き」とか「JPOPが好き」とかなら、かなりライトでも許容される確率は高そうですね。(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事