2016.04.25

GWは彼とゆっくり過ごすチャンス!ぴたっとくっつきたい「吸いつく肌」ポイント

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。もうすぐGWです。長期のお休み、彼とゆっくり過ごす時間を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

昼も夜も彼とゆっくりまったりべったりな、ラブい時間の到来です。彼の髪を撫でて、顔を撫でて、シャツの中に手を入れてみりして、足も絡めたりなんかしてむふふ・・・て盛り上がったところで「イタッ!」。え?痛い?

そう、ガサガサの手や欠けてボロボロの爪、ガサガサのかかとで彼に触れたらムード台無し。痛みに弱いと言われる男性は色々敏感なのです。せっかくのGW。
彼といつもより濃厚に濃密に過ごす為にも、自分の彼に吸い付く肌の用意をしておかないと!

◇爪が痛い

足を絡めた時や、手を繋いだ時、彼に「爪痛い」て言われたことないですか?爪はすごく薄いので切りっぱなしだととても鋭利。ちょっと角があろうものなら、柔らかい果物の皮なら簡単に剥けてしまうほどです。

まずは、爪のお手入れを丁寧に行いましょう。一番いいのは、やっぱりネイルファイルで丁寧に削ることなのですが「めんどくさい・・・」とため息をつきたくなる方は、せめて爪切りの後に先だけでもネイルファイルで磨くようにしましょう。

◇指周りやカカトのガサガサ

指の周りやかかと、ガサガサ固くなっていませんか?人の肌は、硬い物が当たる場所は皮膚を守ろうとする働きでどうしても固くなってしまいます。全体重を掛けて地面を踏む足の裏なんかは、どうしても固くなってしまいますよね。

固くなるだけならまだしも、乾燥してガサガサになると最悪です。乾燥したヘチマや軽石並みの固さ。そりゃ、当たった彼氏は痛いですよね。どうにもならない硬さやボロボロガサガサ具合いなら、ネイルサロンへ駆け込んでキレイにしてもらうのがやっぱり一番!

自分でケアする際は、湯船でしっかりふやかすことやスクラブを使って古い角質をキレイにしてからにしましょう。

◇全身つるすべにするならお風呂は大事

爪やカカトなどガサガサの原因を取り除いたら、あとはやっぱり保湿が大切。あまり使っていない乳液や、使おうと思ったけど放置されているオイルありませんか?

お風呂から出たら、浴室の中で使い切ってしまいましょう。お風呂から出て、立ったままで身体の水分を飛ばします。タオルで拭くよりは手でぬぐうぐらいがベスト。

ちょっと水分が残った肌に、オイルや乳液をしっかり伸ばします。水分が残っていると、オイルは乳化されて肌に浸透しやすいですし、乳液も伸びが良くなってするする塗ることができます。

その後でシャワーなどは浴びずに、塗ったままお風呂を出たらタオルドライです。しっとり、もちもちの肌に変身できます。

◇おわりに

「手触り」って敏感ですが、足と足、お腹とお腹がくっついた時の感触もとても敏感です。
ムダ毛の処理は当たり前、ということで今回は省きましたが、爪の角やカカトのガサガサはとっても気になるもの。全身を「つるんっ」とさせてこそ「触って気持ちいい肌」なのです。

彼にいっぱい触ってもらうその時の為にも、こまめなケアを大切にしてみてくださいね。
(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事