2016.04.30

これは許せない!男が許せない彼女のウソ5つ

好かれたいがためのウソ、イケナイと分かりつつも彼についちゃったことありませんか?
モノによってはそれが彼の愛を冷めさせる致命傷になっちゃうかも・・・。
今回は男が彼女につかれたら許せないウソについて取材してきました。

1.「妊娠した・・・」発言

「俺が一瞬にして冷めた彼女のウソは『妊娠しちゃった・・・』ってやつ。結婚したいがためについたんだって彼女は言ってたけど、そんな姑息なことある?
人間性を疑ったよ。」(24歳/IT)

なかなかプロポーズをしてくれない彼にしびれを切らしていたのでしょうが、これはいけません。ここまで重大なことでウソをついてしまうと、今後の関係が続けられなくなってしまいます。彼の人生に大きな衝撃を与えるようなウソは辞めましょう。

2.付き合った人数

「俺がショックだったのは彼女が付き合った人数をウソついてたこと。2人って言ってたのに、共通の知人に聞いたら15人だって!!清純だと思ったから付き合ったのに、とんだビッチだったんだよ!許せなくてそっこー別れた。」(20歳/学生)

付き合った人数が多い=ビッチとは限りませんが、「2人だと思っていたら15人だった」はあまりにもギャップが大きいですからね。彼にとって衝撃でしょう。

隠されていたとなると、彼も何かと邪推してしまうはず。わざわざ自分から付き合た人数を報告する必要はありませんが、聞かれた時には正直に話した方が良いかもしれませんね。

3.「友達と遊んでくる!」と言いながらの元カレとの密会

「俺にウソついて元カレと会っていた元カノ。『友達と女子会!』なんて言ってたのに、ひどいよな!それ以降、彼女の言葉が全く信じられなくなって半年後に別れたよ。信頼関係を脅かすウソはカップルには致命的だよな。」(19歳/学生)

彼にとって、彼女が元カレと繋がっているという程、屈辱的なことってないでしょう。それをやってのけて、更に隠すためにウソまでついたとなると、彼に許しを請うのは難しいかもしれません。彼を失いたくないなら、浮気の前によーく考えましょうね。

4.スペック詐称

「俺の元カノ、大学生って言ってたのに、フリーターだった。他にも読モやってるとか、帰国子女とかいう嘘までついてて・・・。好きになった人のスペックなんて何でもいいけど、嘘つかれるのは嫌だよ。好きな気持ちまでニセモノに感じてくる。」(23歳/大学院生)

彼に良く思われたいという気持ちは分かりますが、嘘で固めたスペックでは意味がありません。ありのままのあなたを見せて、その上で愛されることが幸せなのです。下手な背伸びは彼を幻滅させてしまう可能性が・・・。素で勝負しましょう。

5.「おやすみ」連絡後の夜遊び

「彼女が俺にウソをついて夜遊びしてたことが発覚!毎日11時ごろに『おやすみ』とLINEがきてたのに、実はクラブでオールばかりしてたみたい。まじチャラいでしょ!とんだ腹黒女だったことに気付き、一瞬で嫌いになった。」(25歳/銀行)

返信がめんどくさくなり寝てなくても「おやすみ」って送りたくなっちゃうことありますよね。

スマホから離れてゆったりしたいという理由ならそんなに罪なウソではないと思いますが、この後にクラブでオールしてたとなると彼が怒っても無理はないのかもしれません。

束縛されてやむを得ないウソだったのかもしれませんが、付き合ってるのですから隠したりせず、納得してもらえるように説得すべきだったのかもしれませんね。

おわりに

多くの心理学者によると人間は1日に200回ものウソをつくそう。
となれば多少のウソは仕方ないのかもしれませんが、付き方を間違えると好かれるどころか嫌われてしまいます。くれぐれも気を付けましょうね。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事