2016.04.30

これを聞いてあげるのが大事!男子が「彼女にしか話せねぇな」と思っているもの・5つ

カップルというのは、お互いに好きな異性ってだけじゃなくて、ときには家族以上に信頼できる関係です。
あなたしか聞いてあげられない話をたくさん聞いてあげれば、もっとカレはあなたに心を開いてくれるはず。

そこで今回は、20代男子30人に「『こんな話をできるのは、彼女だけだなぁ……』なもの」について聞いてみました。

1.弱音

「なかなか弱音って吐けないよね。とくに男はさ、いろいろとプライドとかあるし。友達にもあんまり言えない」(営業/23才)

一番近くでカレを見ていて、カレのいい部分も悪い部分もみんな知っている彼女だからこそ、こういう弱気な発言をできるのでしょうね。

私たちとしても、いつでも男らしくいてくれるより、たまにはこうやって弱い部分を見せてくれたほうが嬉しいですよね。

2.本当の夢

「自分は普通の企業に就職したけど、今でもいつか、自分で会社を起こしたいって思ってるんだよね。
でも誰に言っても馬鹿にされるし、正直自分でも、半分諦め始めてるってのもあるし、こういうのは彼女にしか言ってないかな」(経理/25才)

社会人のほとんどは、自分の本当の夢を叶えられなかった人たちってのは現実ですよね。
こういう話を聞いてあげると、カレの悩みとか辛さとか人生の後悔とか、いろんな部分を受け入れてあげられるようにもなると思います。

3.友達の愚痴

「仲がいい友達でも、たまにそいつにイラッと来るときはある。
でも、だからって直接本人とか他の友達に話すわけにもいかないし、そういうときは彼女に愚痴るよね(笑)」(大学生/22才)

みなさんも、カレに友達の愚痴を聞いてもらったことはあるはず。友達の愚痴って、たしかに恋人にしか話せないもののひとつですよね。
「友達の悪口なんて言っちゃダメだよ」なんて言わずに、頷きながら聞いてあげましょうね。

4.元カノのこと

「地味に、元カノとの間で起きたトラブルとか、そういうのは彼女に話しておきたいんだよね。別に嫉妬させたいとかじゃなくて、話さずに付き合い続けるのもなんか罪悪感があるというか……」(ウェブ系/26才)

これ、きっとみんなもわかるはず。「元カレにこんなひどいことをされた」とか、逆にひどいことをしちゃったとか、そういうのって恋人にきちんと話して、そしてわかってもらいたいですよね。

自慢ぽく話してきたら聞かなくていいけど、「これは話しておきたい」みたいなトーンできたら、聞いてあげるべきかも。

おわりに

どうでしたか? カレの中で、「彼女としか共有できない部分」をたくさん作っていくことはすごく重要なこと。
こうすることで、ますますカレにとってあなたは大切な存在になっていくんです。聞いていて、あまり気分がよくない話もたまにはあるかもしれません。

だけど、「カレのことを知ってあげたい」という気持ちがあるのなら、ちょっとくらいは我慢して耳を傾けてあげましょうね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(中島健/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事