2016.04.30

食べたいけど…お寿司は太る?ダイエット中のお寿司の食べ方

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

「お寿司はごはんがセットで付いているし、ついつい食べ過ぎてしまう。だから、ダイエット中は避けなくちゃ!」と思っていませんか?

ダイエット中でも、お寿司を食べてOK。食べ方に代謝を高める工夫を取り入れて、ダイエット効果を高めましょう。

お寿司も工夫次第でダイエットメニューに

お寿司に乗っている新鮮な魚介類には、良質な脂質やたんぱく質がたっぷり。代謝を高めてやせやすい体質に整える栄養素を摂取することができ、ダイエットに役立つ料理と言えます。

一方で、一口サイズで食べやすいため、食べ過ぎてしまいやすく、カロリーオーバーを招きやすいという特徴も。食べ方に次のような工夫を取り入れることで、ダイエット効果を高める食事に変えましょう。

ダイエット作戦1:最初に「味噌汁」か「あら汁」を飲む

温かい汁物は食事での満足感を得やすく、食前に飲むことで食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

また、お寿司ではどうしても野菜の摂取量が不足しがち。野菜や海藻類の入った汁物を選ぶことで、消化・吸収のはたらきを高めるビタミン・ミネラル類を補給しましょう。

ダイエット作戦2:「ガリ」と「緑茶」のパワーを活用する

お寿司は体内を冷やしやすい料理ですが、ガリには身体を温めて代謝を高める効果が期待できます。食物繊維を摂取することもでき、血糖値の急上昇を抑えて腹持ちをよくする効果も期待できます。

また、緑茶に含まれるカテキンやカフェインには、体脂肪を燃焼するはたらきや血液をサラサラにするはたらきがあります。ダイエット効果やデトックス力を高めてくれますよ。お寿司を食べる度に、小まめにガリや緑茶を取り入れましょう。

ダイエット作戦3:ダイエット効果を高めるネタをチョイス

積極的に食べたいお寿司のネタは、「青魚」や「貝類」、「エビ」、「イカ」。青魚には脂質の代謝を高めるEPAやDHAが豊富に含まれています。

また、ホタテやつぶ貝などの貝類やエビ、イカは、低カロリーで、コレステロールを調整するタウリンなどの栄養素が豊富です。

その他にも、オクラやキュウリなどの野菜が入った軍艦巻きや、ごはんの無い厚焼き卵もおすすめです。

■お寿司だって、食べていい!


うっかり食べすぎればカロリーオーバーを招いてしまうお寿司ですが、食べ方の工夫次第でダイエットを後押ししてくれるサポート料理に大変身します。

汁物や緑茶、ガリなどの付け合わせを上手に取り入れ、代謝を高める栄養素が豊富なネタを中心に食べることで、体脂肪を燃焼させやすい状態に整えることが可能。食べたら、しっかり運動も取り入れて、“痩せやすさ”を最大限に活かしてくださいね。

今日から、お寿司もダイエット中のメニューに組み込んでOK。メリハリボディを効率良く実現するための食事戦略の1つとして、活用してください。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事