2016.05.04

好きな人まで『類友』!?友達と好きな人がかぶったら、どうする?

『類は友を呼ぶ』という言葉のように、仲良しの友達って服の趣味や食の好みも似通っていることが多いものです。
でも、もし『好きな人』がかぶっていると判明したら・・・どうしたら良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、『友達と好きな人がかぶったとき、どうした??』というアンケートをとってみました!

1.悲しいけど、友達に譲りました

「自分より友達のほうが可愛かったから自信がなくて……。あのとき諦めてなかったらと思うと後悔してます」(20才/女性/大学生)

「彼氏と友達がつきあいだした。 かなり、ショックでした」(18才/女性/専門学校生)

泣く泣く友達に譲って諦めた経験がある、という切ない意見。
あとから「自分も頑張っていれば・・・」と思うのは、悲しいですよね。

どうしても彼のことが好きなら、「友達とかぶったのなら、仕方ない」と諦めずに、アプローチした方が良いのかもしれません。やらないで後悔するなら、やって後悔しましょう。

2.「まぁ良いか」と思えて、譲りました

「私の彼氏に友達が一目惚れ。デートさせてと頼まれて、そこまで彼氏のことを好きでもなかったから友達に協力してあげて、自分は彼氏と別れた(笑)」(21才/女性/大学生)

中には、付き合っている彼と友達のキューピットになった、という回答も。そんなことあるんですね・・・!
考えてみれば、友達と好きな人がかぶったときって、彼に対する想いの深さを再確認できる機会なのかもしれません。

もし彼のことを離したくないくらい好きであれば、『譲れない』という気持ちが燃えてきますしね!

でも、冷静に考えた上で、「まぁ良いか」と思えるのなら、友情をとるというのも一つの手のようです。

3.好きなら、譲らない!

「好きな人への気持ちは誰にも負けない!!」(17才/女性/高校生)
「本当に好きな人だったら、いくら友達でも絶対に譲らない!」(14才以下/女性/中学生)
「そう簡単に諦めたくないし、絶対に友達じゃなくて私のこと好きって自信あるもんね」(14才以下/女性/その他)

強い意思で、『絶対に、譲らない!』と回答した人の意見。
やっぱり、本当に好きなら、そもそも諦めるなんて無理ですよね。
確かに、好きという気持ちって自分でコントロールできるものばかりではありません。

「譲らない」というよりも、「譲れない」という気持ちなのでしょう。
でも、ここまで彼のことを想っているのなら、いずれかは彼の心をゲットできそうですね!

4.友達と好きな人がかぶった、経験なし!

「友達と好きな人が被ったことなし!平和すぎる恋愛しかしてこなかった!!」(34才/女性/小売)

もちろん、不幸な経験のない人も。
筆者自身も経験したことはありませんが、友達同士で好きな人がかぶっているのを知ってしまって、板ばさみになり辛い思いをしたことも・・・。
みんなが好きな人と結ばれるのが一番いいんですけどね。

おわりに

いかがでしたか?
友達との関係も大事だし、彼のことを好きな気持ちも諦められない・・・。
優先順位をつけられないからこそ、悩んでしまいますが、後悔のないように、しっかりと自分の気持ちに向き合うことが大事ですね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事