2016.05.04

まだ元彼が好き…!彼の気持ちを再びつかむ「完全復縁マニュアル」

残念ながらふられてしまったけれど、諦めきれない大好きな彼。どうにかしてやり直したい。そんな風に思っているあなた!大丈夫です。間違った行動さえしなければ、巻き返しのチャンスはまだあります。

でも、そのためには“一度離れる”ことが大切。上手に距離をとって、元彼の気持ちを再加熱しましょう。

その必死さがアダとなる!すぐには追わないようにする

ふられてから、すぐ追いかけるのは絶対にNG!これが元彼とよりを戻すための“鉄則”。ふられてしまったということは、少なからずあなたに、嫌なところがあったということです。

「嫌なところは直すようにするから!」なんて必死で追いすがっては、彼はますます、あなたに嫌気がさすだけです。ここで「重い」と思われれば、わずかに残されていた希望もあっという間にゼロになってしまいます。

どんなにショックでも、ふられた直後は、彼が拍子抜けするくらいにあっさり引き下がってください。すでに彼の前で「別れないで~」と泣いてしまったあなたは、マイナスからのスタートになりそうですが、とにかくどんなケースでも一度退却しましょう。

今は離れるべき時期。しばらく距離をおくようにする

一度は離れてしまうと「他の女の子に目が向いてしまうのでは…?」と焦りそうですよね。しかしここは、気持ちをグッとこらえて、新しい彼女ができるのも、寂しいけれど仕方がないことと開き直りましょう。電話やメールも絶対にしないこと。「別れたのにしつこい」と思われては本末転倒です。

彼は今、あなたに何かしてもらうことを望んでいないのです。時間をおけば、あなたのマイナスイメージを薄くしていくことができます。この“離れている時間”が、「別れたい」と思った彼の気持ちを、少しずつ変えてくれるのです。

自分を振り返り、磨いておく

ふられたということには、必ず理由があります。ですので、それらを改善する努力をしなくてはなりません。思い当たる節があるのなら、変わるように行動し、意識を変えていきましょう。自分を全否定する必要はないですし、変えられない部分もあるかもしれません。

しかしこの振り返りは、彼とよりを戻すために必要なプロセスとしてだけでなく、間違いなく今後の恋愛に生きてきます。ただ時間をおくのではなく、彼と離れている間に「前とは違う自分」になりましょう。

目安は3ヶ月~1年後。さりげなく連絡をとってみる

一旦時間を置いたら「久しぶり~」と、彼の様子を探ってみましょう。連絡は、電話よりもメールのほうがおすすめ。何度かやり取りができ感触が悪くないようなら、彼をデートに誘ってみましょう。
応じてくれたら、その先はあなたの出方次第。会ってもいいと思ってくれたということは、彼の中で「全くナシな女」ではないということです。

ただし焦りは禁物。ゆっくりと、まずはお友達として距離を縮めてください。ここで大切なのは、彼女になれるまで体を許さないこと!
元カノからセフレへというケースは本当に多いです。セフレにされないように気を付けて、彼と付き合う前の工程を、もう一度最初から“ゆっくり”進めていきましょう。

まとめ

余程許せないような理由で別れた場合を除き、どんな彼とでも復縁の可能性はあります。ただし、復縁を迫る時期が大切!恋愛はタイミングです。

あなたも、その時期さえ見誤らなければ、必ず復縁でききるはずですよ。「いつか」のために、今できることをして、その時を待ちましょう。「果報は寝て待て」です!(織留有紗/ライター)

(ハウコレ編集部)
(平尾優美花/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事