2016.05.05

怒り積もれば山となる!カレのチョイ遅刻をなくすための対処法・4つ

あなたのカレは待ち合わせの時間をちゃんと守ってくれますか?彼が毎回大胆に遅刻してくるという悩みを抱える方は少ないかもしれませんが、数分程度の遅刻はしょっちゅうされている…なんて方は多いかもしれません。

相手にとってはたかが数分でも、待たされる側としては遅刻頻度が高いと嫌気がさしてきてしまいますよね。

そこで今回は、直接言わずにカレに遅刻をやめさせるための対処法4つをご紹介します!

1.交通機関の時間を調べてあげる

「待ち合わせ時間や場所の話をしているときに交通機関の乗り換えルートや時間を調べてあげてスクショで送ってあげる!そこまですればその電車やバスに間違いなく乗るし、遅延しない限り遅刻することはない」(26歳/保育士)

相手の行動を指定してしまうパターンです。時間にルーズな男性は行き当たりばったりで行動してしまうので、待ち合わせに大体間に合えばいいやという考えで行動します。

調べておくことすらも面倒だと感じてしまうカレには、事前に乗らなければいけない電車やバスの時刻をあなたが調べてあげちゃえばいいんです!

ただし、カレの定期範囲などによっては使う路線なども変わってくることがありますので、事前に聞いておくことをオススメします。

2.待ち合わせ場所を便利な場所にする

「ターミナル駅とか有名な待ち合わせ場所にすると迷ったり電車を降りてから待ち合わせ場所に来るまでに時間がかかったり迷ったりして遅刻に繋がるから、わかりやすくて落ち合いやすい場所を指定してます」(24歳/経理)

渋谷のハチ公前や、新宿駅の改札などは人が溢れかえり、落ち合うだけでも一苦労。
さらに、多くの路線が通っている駅は電車やバスを降りてもそこから改札や待ち合わせ場所にたどり着くまで予想以上に時間がかかるものです。

普段よく使う待ち合わせ場所があるなら目印になるものを決めておく、人の多い場所は避けるなどの工夫をしてスムーズに落ち合えるようにしてみましょう。

3.自分も遅刻してみせる

「待たされる退屈さやイラつきは体感するのが一番手っ取り早い!何回かわざと遅刻すると、遅刻される側の気持ちを分かってくれるから彼も時間に気を遣うようになった」(17歳/高校生)

目には目を、の論理で相手にも待たされる苦痛を味わわせるといった方法はリスクもありますが非常に有効な手段です。
毎回あなたがカレを待っているのなら、カレはその苦痛を味わうことはありません。時間を守る主義の方は一度試してみてはいかがでしょうか?

ただし、待たされると機嫌が悪くなる人は多く、カレも例外ではないかもしれません。わざと遅刻する作戦を実行する際には飲み物やお菓子の1つでも買っておき、カレの機嫌を損ねてしまわないようにしましょう。

4.迎えに行く

「帰りは家まで送ってもらっているし、行きは自分が迎えに行くことにした!これなら遅刻もなにもないから、イラつくこともないし自分も待ち合わせのために慌てることがないから平和」(19歳/大学生)

自分の負担は増えますが、お互いのストレスフリーが叶うのがお迎えという思い切った方法です。カレは家で待機しているだけなので焦って準備する必要はありませんし、あなた、も慌てすぎることはありません。

しかし、家まで迎えに行くのは早起きをしなければいけなかったりと負担が大きいため、ここまでするのであれば帰りは送ってもらうくらい要求してもよさそうですね。

おわりに

いかがでしたか?

たかが数分と言えど、されど数分です。待たす側は短く感じている時間も、待たされる側からすればイラつきや不満が積み重なるため、我慢し続けるのは禁物。

注意してカレに口うるさいと思われたくない方も、できることから始めてみてください。楽しいデートができるよう、スタートも大切にしてみてくださいね。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事