2016.05.09

「マジでないわ~」男子がドン引きする女のモテテク・4つ

「男子にモテたい!」と、恋愛指南書などに書かれたモテテクを実際に使っている女子もいるのではないでしょうか?
でも、男子が「どうせ狙ってやってるんでしょ??」とうんざりしているモテテクも存在します。
もし、こんなことをしてしまっている子は要注意です…。

1.袖口を引っ張る

「ねぇねぇって服を引っ張るのはあざとい。ポンポンって肩叩いてくれればいいですよ」(29歳/広告)

「何かと男子の袖口を引っ張る女子は男好きそう。男子もモテテクって気付いている」(25歳/会社員)

ドラマや漫画などでよく見るモテテクの王道。ボディータッチほど難しくはないのに、男子へ適度にアピールできる便利なテクニックです。

でも、毎回袖口を引っ張っていては男子としてもドキドキがなくなりますから、「あざとさ」も目立つようになります。やるなら不意打ちにしたほうが、男子はドキッとするかも。

2.ボディータッチ

「たいして仲良くもないのに、飲み会でべたべた触ってくる子は軽そうで苦手」(27歳/IT)
「たしかに大半の男は女の子のボディータッチに弱いけど、過剰に触られると『モテたくて頑張ってるのかな?』と引く」(28歳/不動産)

ボディータッチに弱い男子は多いでしょう。でもベタベタ触ると軽い子に見られてしまいますから逆効果ですよ。触るなら、さりげなくて軽いタッチにしましょうね。また、あまりにもベタベタ触っていると、“必死感”が出るので男子もドン引きです…。

3.上目遣い

「上目遣いをして可愛く見える子と、そうでない子がいる。誰でも上目遣いしたらモテるわけじゃないってことを女子に知ってもらいたい」(30歳/通信)

「飲み会で、酔ったのか、酔ったフリなのか肩にもたれて上目遣いはちょっとわざとっぽい…」(31歳/介護)

酔ってセクシーな表情と上目遣い…どちらも可愛い仕草ですが詰め込みすぎはやはり禁物。また、人によって似合う表情は違いますから、上目遣いが似合わない子がやっても効果はいまいちみたい…。

きちんと自分に似合う振る舞いを確かめて、効果的に使いたいですね。
上目遣いはここぞというときに、さりげなくするのがいいのかもしれませんね。

4.アヒル口

「普段は普通の喋り方なのに、イケメンの前だけアヒル口になる子はイヤ」(28歳/サービス業)

「アヒル口自体あんまり可愛いと思わないので、アヒル口で喋られても惹かれない」(30歳/公務員)

アヒル口の子って可愛いですよね。でも、男子の中では好き嫌いが分かれるよう。
好みの男子の前ばかりアヒル口になると、わざとらしく見えるので、周りの男子も引いてしまいます。

「作ったアヒル口」は不人気なので、モテテクとして使うのはそもそも難しいのかも。

おわりに

いかがですか?
恋愛指南書に書かれているモテテクをそのまま信じて使っている子は要注意です。
意外と男子も「これ、どうせモテテクでしょ?」と気づいていますから、場合によっては「モテるのに必死だな…」と引いてしまうこともあるので気を付けて。

自分に合ったモテテクを、相手のタイプやシチュエーションで使い分けて、上手に使いこなしてくださいね。モテテクをつかうなら、適度につかいましょう。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事