2016.05.10

水毒に注意!ダイエット&美肌を実現する「水との付き合い方」

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

毎日、しっかり水分補給をしていますか?
私たちの身体の約60%は水分。酸素や栄養素も、老廃物も、体液によって必要な場所に運ばれています。

毎日の水分補給を“上手に”行うことで、代謝が良く、ダイエットや美肌を実現しやすい状態に整えることができますよ。

水分補給を間違うと「水毒」に

水分は生命活動や代謝を高めるために必要不可欠。しかし、水分補給量が多すぎたり、体内に不要な水分を溜め込んでしまったりすると、代謝が下がり、肌トラブルも起こりがちに。太りやすい体質にもなってしまいます。

また、私たちの身体には余分に摂取した水分を尿として排出するしくみが備わっていますが、適量を大幅に超えた水分量を摂取し続けると、内臓に大きな負担をかけて健康を害してしまうのです。

毎日の水分補給は美容や健康に不可欠ですが、せっかく補給した水分が体内で悪さをする「水毒」に変わってしまうと、不調が抜けず、美しくはなれません。

水は「1日1.5~2ℓ」。ただし……

食事で摂取する水分以外に、「水分補給」として取り入れたい水の量は1日1.5 〜2ℓ。

体重や運動量によって必要とする水分量が異なりますから、運動量が多い場合は多くしたり、トイレに何度も行きたくなる場合は減らしたりと、自身のライフスタイルに合った水分補給を心がけましょう。

また、コーヒーや緑茶などのカフェインが含まれた飲料は利尿作用によって水分を排出してしまうため、水分補給には向きません。

毎日の水分補給はあくまでも「水」で行うことが大切。冷え性の場合や、代謝の低下が気になる場合は、内臓を温めて活性化させる「白湯」がおすすめです。

朝起きたら、コップ1杯の水からスタート

寝ている間は水分補給ができないため、朝起きたときは、体内が水分不足気味。
体内を目覚めさせ、代謝をアップさせるためには、朝の水分補給を欠かさないようにしましょう。内臓を刺激して、消化・吸収のはたらきを高める効果も期待できます。

食事中や食事の前後は避けて

食事中や食事の前後に水をガブガブ飲んでしまうと、胃液が薄まり消化・吸収のはたらきを弱めてしまいます。内臓を酷使して代謝を下げる原因になりますから、水分補給は朝と食間に少しずつ行うようにしましょう。

毎日の上手な水分補給で、代謝を高めよう


十分な水分補給で体液循環が良くなると、代謝がアップし、エネルギーを消費するはたらきや肌のターンオーバーがスムーズになります。

水分は少なすぎても、多すぎてもダメ。水が「水毒」となってむくみや代謝の低下を招かないよう、内臓に負担をかけない飲み方で、毎日しっかり摂取することが大切です。

毎日の水分補給で体内をしっかり潤わせ、めぐりが良く代謝の良い体質へと導いてくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事