2016.05.11

香りで体を引き締める!ダイエット中に選びたいアロマオイル4選

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

アロマは、ディフューザーで芳香浴をしたり、ティッシュに垂らして机の上に置いたり、マグカップ入れたお湯に数滴垂らしたりして香りを楽しめば、手軽に精油の効能を取り入れることができます。

ダイエット効果をぐんと高めるアロマパワーを活用して、美ボディへと導きましょう。

食事の前に「パチュリー」

パチュリーの精油には、食欲を抑制する効果があると言われています。イライラを鎮めたり、リフレッシュしたりする効果も期待でき、どか食い防止に役立ちます。食事の30〜1時間前に香りを楽しみましょう。

食欲を抑えるだけでなく、内臓機能を活性化するはたらきもあるため、消化・吸収のはたらきを高めて便秘を予防・改善する効果も期待できます。

暴飲暴食などの不摂生な食生活を整え改善したいときや、お腹の調子が優れないときに活用すると良いでしょう。

代謝を高めたいときは「ブラックペッパー」

ブラックペッパーの精油には、身体を温めて胃腸のはたらきを促進する効果が期待できます。血液やリンパ液のめぐりもスムーズになるため、代謝アップにも役立ちます。

「なんとなく、やる気がでないな」「身体がだるくて重たいな」と感じたら、ブラックペッパーの香りでシャキッとリフレッシュしましょう。

むくみが気になったら「グレープフルーツ」

グレープフルーツの精油には、脂肪の燃焼を高める効果が期待できます。

また、疲労を癒して心身をスッキリ爽やかな状態に整える効果が期待できるため、疲れてむくみが気になる場合などに、グレープフルーツのアロマオイルでマッサージをするのがおすすめ。

キャリアオイル5mlに対して精油を1滴(0.05ml)加えることでボディトリートメントオイルを作ることができます。作るのが不安な場合は、マッサージ用のアロマオイルを購入することも可能です。

寝る前のリラックスタイムに「ラベンダー」

ラベンダーの香りには心身を鎮静させるはたらきがあり、自律神経のバランスを整えてリラックスさせる効果が期待できます。

不眠の改善やストレス解消に役立ち、寝る前のリラックスタイムに取り入れることで、寝つきがよく疲労を回復させやすい状態に整えることが可能。心を落ち着けたいときや、癒されたいときにゆったりと楽しみましょう。

香りの力で、ダイエット効果を劇的にアップ!


ダイエット中は、栄養不足による不調やストレスによるどか食いに悩まされがち。香りの力で心や体内のはたらきを整えることで、代謝を高めて肌荒れやどか食いを防ぐ効果が期待できます。

美しいボディラインは、健康的な身体の土台がなければ実現しません。食べる量を減らして身体を削ろうとするばかりでなく、心身を整えながらエネルギー消費量を高めることで、より痩せやすく、不調を起こしにくい状態に整えることが大切。

より健康的でエネルギッシュな体質に導くよう、ダイエットにも香りの力を活用してくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事