2011.04.26

時間の流れを変えるがコツ!?リフレッシュできる休日の過ごし方



待ちに待ったゴールデンウィーク、夏休み、お正月…。

でも、終わってみたら「疲れが取れていない」「逆になんだかだるい」なんていうことありませんか。お休みを楽しく過ごせるコツ、リフレッシュできる休日の過ごし方を紹介します。

1.リフレッシュできる休日を過ごすコツ



リフレッシュできる休日を過ごすコツは、いつもと違うことをするということ。
仕事で体力を使っていたら、休日は読書、ゲームなどをする。パソコンを使う仕事をしていたら、休日はマラソン、料理などをしてみる。

いつもと違うことをすることによって、脳の疲労を解消され、その結果、気持ちが解放されてリフレッシュでききます。

2.家で非日常を体験する



パソコンを使う仕事をしている方は、料理など手を使う家事がおすすめ。手から伝わるキーボードとは違う感触が、脳の疲労を解消してくれます。

「休みの日に料理なんてしたくない!」と思うかもしれませんが、普段外食がメインの方も、料理が「非日常を体験する」ことになります。

3.外で非日常を体験する



普段、遊ぶのは昼間が多いという方の場合、夜の時間帯に遊ぶということが「非日常を体験する」ことになります。ライトアップした夜景、薄暗く雰囲気ある店内、お酒など…。
普段は家にいる方は、これらが「非日常を体験する」ことになります。

4.ツアーで非日常を体験する



長期休暇のときは、思い切ってネパールなどに行くのもおすすめ。生活環境がまったく違うので、非日常を味わえます。ネパールの山では徒歩が交通手段です。

人や牛などが物を運びます。短期間のトレッキングで、人の暖かさ、美味しい食べ物など、得られるものはたくさんあります。

おわりに

自分にぴったりな休日の過ごし方を探すには、いつもと逆のことをするのがコツとなります。

例えば、ローカル線の旅をする、散歩をするなどは、いつもと違う時間の流れを感じることができます。疲れているから家で寝ていたら、かえって疲れてしまった…。そんなときは、軽く散歩などをしてみると筋肉疲労が回復します。

自分にとっての究極の休日の過ごし方、ぜひ見つけてみて下さい。

関連記事