2016.05.15

無理だと思ってない?セフレから彼女にのし上がるための4STEP

ちょっとつまみ食い……のはずだったのに、何度かエッチするうちに「好きになっちゃった!」なんて経験はありませんか?

お互いが体の関係だけと割り切っていたぶん、その後の発展がなかなか難しいのは事実。
でも、決して無理なんかじゃないんです!

今回は、そんな悩める女子に「セフレから彼女にのし上がる方法」をレクチャーします。

■セフレを作っちゃう男の子の心理

セフレを作る男性に共通して言えるのは「面倒臭いことがとにかく嫌い」ということ。彼女=自分の時間や労力を費やさなくてはいけない“面倒な存在”と考える男性が少なくないのです。

なので、必要以上の時間を費やさずに、エッチのできる都合のいい女の子を求めるのが基本的な心理。この心理を逆手にとって「都合のいい女の子」である自分のポジションを最大限に利用してしまいましょう!

■STEP1:「重い女」になりすぎない

好きになってしまったからといって、すぐに告白したり「私たちってどういう関係なの?」と詰め寄ってしまうのは絶対にNG。重い女と思われてあっという間にポイされてしまうかも……。

今すぐ付き合いたい!という気持ちをグッと堪えて、まずは彼にとって「とことん都合のいい女」になりましょう。呼ばれたらすぐに会いに行く、彼のエッチの趣向を完璧に把握するなど、なんでもいいので彼のペースに合わせることが大事。

そうやって、気がつけば「彼の隣にいるのはいつも自分」という状況を作り上げていきましょう。

■STEP2:「都合のいい女」から「尽くす女」に

彼と過ごせる時間が増えてきたら、少しずつ「都合のいい女」から「尽くす女」にシフトしていきます。

エッチのあとにマッサージをしてあげながら「すごく凝ってるけど、疲れてる?」なんて気を遣いつつ、何気なく彼の相談に乗れるようになれれば完璧!体だけの関係から、少しずつ彼との心の繋がりを深めていきましょう。

ただし、ここでも焦りは禁物。一気に距離を詰めすぎると「重たい」と感じてしまう男性もいるので、あくまでも慎重に「3歩進んで2歩下がる」くらいのスタンスでジワジワと攻めていきます。

■STEP3:「俺のこと好きなのかな?」と思わせる

彼との距離が縮まったら、次はちょっとだけ駆け引き。「最近、○○君といる時間がすごく楽しい」「今度一緒に映画が観たいな」など、エッチ抜きでも一緒にいたいという気持ちをやんわりと伝えます。

ここで彼の反応が微妙なら、そのまま攻めずにSTEP2に戻りましょう。エッチ以外の約束で会うことに彼が乗り気になってくれたら勝ちは目前!

「なんかちょっとデートっぽいね」なんて言いながら、今までとは違うことを彼に意識させましょう。よっぽど鈍感でなければ、彼もこの辺りで「もしかして俺のこと好きなのかな?」と察してくれるはず。

■STEP4:ここが決め手!関係をなあなあにしない

エッチもするし、デートもするし、相談にも乗る。一緒にいる時間は恋人並みに多いはず……なのに胸を張って彼女とは言えない、このセフレ以上恋人未満のときが正直言って1番ツラい時期。ここで心が折れてしまった方や、関係がなあなあになってしまった方は多いのではないでしょうか。

初めは彼と一緒にいられるだけで充分と思っていても、一緒にいる時間が増えれば増えるほど「どうして自分は彼女じゃないんだろう」と苦しくなってしまいますよね。
このまま我慢しているだけでは、今後の進展はほとんど望めません。彼にとっても「自分を好いている女の子が自分に尽くしてくれる」1番楽な関係だからです。

なので、あとはぶつかるのみ! 思い切って彼に気持ちを伝えてみましょう。STEP1〜STEP3の中で、いかに自分が彼にとって「手放したくない女」になれているかが成功の鍵になります。

おわりに

いかがでしたか? 決して楽とは言えないセフレから彼女への道。最終的に大切なのは自分の思い切りなのです。積み上げた彼との関係性を壊してしまうかもしれないのは、とてつもなく怖いことだと思います。

だからと言って、そのままなあなあにしてしまってはもっと辛くなるだけ。どこかで一歩踏み出さなくては何も変わりません。それは、セフレからスタートした恋愛でなくても同じなのではないでしょうか。(魚青子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事