2016.05.16

カレ中心の生活はキケン!自立した「愛され彼女」になる方法

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田です。

彼との関係もそこそこ順調。何か特に問題があるわけではなく、仲良くはしている。
でも、彼からの連絡が来ないときに不安になってしまったり、彼が何をしているのか気になってしまう。

このように、日々の生活で彼を思う時間の多い人は、「彼中心」の毎日になっているのかもしれません。
彼のことを考えること自体は悪くないのですが、あまりにも彼にばかり意識が向きすぎると、心配しすぎて余計なストレスを抱えたり、主体性のない女性になってしまうことで、魅力が低下していく危険性もあります。

今回は、カレから自立して魅力的なあなたに変身し、愛され上手な彼女になる方法についてお伝えします。

1.「カレのことばかり考える=愛情」ではないことを理解する

こんなにもカレのことばかり考えている私って、本当にカレを愛しているのだな~なんて感傷に浸るのはやめましょう。

人生には恋愛ばかりではなく、仕事のことや、友達、自分自身のことなど、いろいろあります。
ハッキリ言ってしまうと、彼のことばかりに目が向いてしまうのは、他が充実していなかったり、他に時間を使う必要性がない人が多いのです。

つまり、ヒマな人ということにもなります。ヒマで、恋人ばかりに関心がいく女性は薄っぺらに見えてしまい、男性から見ても魅力的には映りません。
まずは、カレのことばかり考えることが愛情ではないことを理解しましょう。

2.掃除をする

身の回りの掃除をしてください。なんで?どう関係あるの?と思ったかもしれません。

心理学では、「場の心理」というものがあります。周囲の環境が心理的な影響を及ぼすというものです。

たとえば、周りが雑然としていたり、気に入らないものに囲まれたり、必要でないものに囲まれていると、人は無意識的に不安を感じやすくなるのです。

気持ちが不安になると、余計にカレのことを考えたり、未来を悲観的に考えるようになります。なので、あなたが住む環境は常に、キレイにしておく必要があります。そうすることで、気持ちもスッキリと落ち着くはずです。

3.やりたいことをリスト化する

カレから自立するには、自分の気持ちを充実させることが大事です。

そのためにも、やりたいことを、やりましょう。
いきなりやりたいこと、といってもでてきにくいかもしれません。

ちょっと面白そうかもと思ったこと、前好きだったことなど、漠然としたものでいいので引き出すことが、とっかかりとしては大切。

まず、A4一枚の紙を用意します。そして、小さい大きいにかかわらずやりたいことを、たくさん書き出してみましょう。どんなくだらないことでも構いません、できれば50個以上書き出すといいです。

そして、それらを一つ一つクリアしていくことをしましょう。最初は、何をやっているのかサッパリわからないかもしれませんが、そのうち本当にやりたいことが徐々に明確になってきます。ただし、やりたいことは、彼を含めない事柄にしてくださいね。

4.悪い習慣を止め、新しい良い習慣を取り入れる

今やっている悪い習慣をひとつだけでいいので、やめましょう。

どんな小さなことでも構いません。たとえば、ダラダラ間食をしてしまう、帰ったら服はぬぎっぱなし、寝室の布団は常にひきっぱなし…など。やめた方がいい悪い習慣を、なにかひとつ止めましょう。

そして次に、やったほうがいい習慣をひとつ始めましょう。

たとえば、靴は常にキレイにしておく、腹筋を○回する、サプリメントを摂取するなど。悪い習慣を止め、その代わりに新しい習慣を取り入れるのです。人は、今までやっていた悪習慣を止めて、意図的に良い習慣をはじめるのにエネルギーを使います。

そうして自分を律することで、「気持ちを律する力」が身につくのです。
なので、カレに対する依存心や不安感を自分で律して、発散することができるようになります。

すると、自分で自分を充実させることのできる、自立した女性になれるのです。ほどよく彼に甘え、恋愛を楽しむことができるようになるはずですよ。

おわりに

カレから自立するというのは、まったく彼に頼らなくなるというわけではありません。必要なときに、必要なだけ寄りかかれることを言います。

カレがいなきゃダメと覆いかぶさるようでは、彼も精神的に負担になってくることもありますし、ある程度自立した女性である方が、居心地もいい。

結果的にカレにも愛されるというわけですね。参考にしてみてください。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事