2016.05.20

マンネリ気味のカレのテンションを上げる、4つの方法

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田真也です。

付き合い始めた頃の彼は、もっとマメだったのに…。
今では接し方も適当で、気持ちが感じられない。この先、うまくやっていけるのか不安…。など、多くの女性が悩むテーマです。あなたのカレは大丈夫でしょうか?

今回はマンネリ気味のカレのテンションを上げる方法についてお伝えしていきます。
もし、付き合っている彼との関係が停滞気味なら、次の4つのポイントを押さえて接してみて下さい。

1.まずは自分を見直す

カレのテンションが下がっていることも事実かもしれませんが、まずあなた自身が、付き合った当初と変化していないか、振り返ることが大切です。

多くの女性は、自分にないものを男性に求めます。

引っ込み思案の女性は主義主張のハッキリした男性を選び、女性らしい女性は、男らしい男性を求めるのです。

しかし時間とともに、最初は魅力的だった相手の長所も、逆に気になる欠点へと変わってきます。
主義主張のハッキリした男性が好きだったけど、もう少し私の意見を聞いてくれてもいいのでは?

男らしい男性が好きだったけど、もっと気遣いをして、共感的になってくれてもいいのでは?というような感じで、以前はカレの長所として褒めていたものをけなしたり、文句を言いだしたりするものです。

男性は、あなたの変化に敏感です。まずはあなたが付き合った当初と変わっていないのか考えてみることです。そして、悪く変わっていることがあれば、それを修正するのが先決です。

2.あからさまに不安をあおる言動はしない

よく、男性は『釣った魚に餌をやらない』といいます。女性を手に入れたことで安心してしまい、頑張らなくなってしまうのです。

それも一理あるのですが、あからさまな言葉や態度で、「他に男がいるかもしれない」「自分の手から離れて言ってしまうかもしれない」とカレに思わせるのはよくありません。

たとえば、休日友達と会ってくるね、と言って、誰と行くのかはあえてぼかしたり、合コンに行ったりすることで彼の不安をあおるとか、そういうことです。

そんなことをしてもカレを不快にさせるだけ。不安感を与えようとしていることが透けて見えて、良いことはありませんよ。

3.自分磨きで彼の心を引き戻す

わかりやすいのは、今よりもっともっとキレイになること。シンプルですが、自分磨きをしましょう。

言葉や態度で不安をあおって不快にさせるよりも、確実に効果的です。
ほおっておいたら、他の男性に取られてしまうかもしれない。そんなふうに、カレが自然とそう感じるようにするのです。
また、趣味を見つけたり、カレ以外に打ち込めるなにかを見つけることも大切です。

そうすれば、カレ以外のことを考える時間ができて、自然とカレへの連絡も減ります。

わざわざ言葉や態度で不安を煽るよりも、自然な形で、他に関心が移っているという不安感を与えることができるはずです。

4.何も言わないこと

そして最後にココが重要。1~3とお伝えしたことを実践し、うまくいくとカレの方から「何かあったの?」と聞いてくることがあるかもしれません。

ここで、ちょっとね…などと匂わせる必要はありません。

わざとらしくなってしまいますし、今までのことがカレの注意を引き付けるものだとバレてしまう可能性もあります。

聞かれたら、サラっと「何もないよ」と言いましょう。
そんなふうに言われるとカレは益々不安になりますし、あなたを離したくなくなるはずです。

おわりに

恋愛初期は、『PEF』といった恋愛ホルモンがでるので、特に何かを演出したりしなくても、カレのテンションは上がります。

しかし、多くは3年以上たつと、恋愛ホルモンは出なくなってしまうので、今回のような工夫は必須です。
ここを乗り越えれば、さらにふたりの関係はいいものになるはず。ぜひ、試してみてくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事