2016.05.23

ひと言でOK!シャイでもできる男子へのアプローチ・4つ

気になる人に声をかけたい!と思っていても、なかなか声をかけられない……。恋をしているとき、そんな自分の内気な一面に悩んでしまうことってありませんか?

いざ声をかけるチャンスがやってきても、「こんなこと言ったらどう思われるんだろう……」と気にしてしまい、いまひとつ勇気が出ないですよね。

頭では「こうしなきゃ!」とわかっているのに行動できないと、いつまで経っても彼氏ができない気がして、あせっている女子もいることでしょう。

そこで今回は、口下手でシャイな女子でもできる、好きな人への効果的なアプローチがないかリサーチしてみました。

1.必ずあいさつをする

「好きな人を影から見ていても何も変わらないと思うから、まずはひと言でも言葉を交わすことを目標にしてみるといいんじゃないかな。たとえばあいさつとか。
あいさつを交わすだけの関係でも、相手に意識してもらえるチャンスになると思うし」(23歳/男性/IT)

好きな人ができたら、まずは一歩自分から歩み寄る気持ちが大切です。そのひとつとして、あいさつをするというのは取り組みやすい方法ですよね。「おはよう」「お疲れさま」とひと言交わせる間柄になるだけでも、あなたの人柄や魅力が伝わるきっかけになるかも。

また、好きな人と飲み会に参加することがあれば、それとなく近くに寄って、彼の発言にひと言「うん、私もそう思う」と、相づちを打ってあげるだけでも、彼へのアプローチになりますよ。

2.「聞き上手」になる

「話しかけるのをためらっちゃうのって、会話がちゃんと弾むか不安に思う気持ちが大きいと思うんです。
まず、とりあえず相手の話にしっかりと耳を傾けてあげて、彼の気持ちに向き合う姿勢を見せるだけでも会話しやすくなると思う」(24歳/女性/販売)

よく“話し上手は聞き上手”といいますよね。飲み会のときなどで彼の話を聞くタイミングがあるなら、まずは上手に話すことを意識するよりも、上手に相手の話を聞くことを意識してみて。

それこそ、彼の話に熱心に耳を傾けて、うなずくように相づちを打ってあげるとなお良いでしょう。そうすることで相手にとって話しやすい雰囲気になり、会話も弾みやすくなるはずです。

そのような気づかいを示せるあなたに彼も魅力を感じてくれるかもしれませんよね。

3.彼の尊敬すべきところを指摘する

「いきなり好意をぶつけられても、相手は戸惑うと思う。人として尊敬する部分とか、見習うべきポイントがあれば、そうしたことを指摘してあげると、相手はうれしいと思うし、彼と接近するきっかけにもなると思う」(24歳/男性/販売)

彼の尊敬すべきところ、見習うべきところがあれば、それを素直に伝えるのも効果的です。

たとえば「〇〇君って話していてすごく楽しい」「〇〇君の仕事に対する姿勢、素敵だよね」といったように、相手のことを認めてほめる言葉。こうしたほめ言葉は、「かっこいいよね!」とストレートに言うのが難しい人でも伝えやすいのではないでしょうか。

自分をほめてくれた女性を異性として気にしはじめる男性も決して少なくないですから、ためらわないで伝えてみましょう。彼とふたりきりのときでは言うのが恥ずかしい女子も、周囲の人がいるときには、ひと言でも自分の気持ちを伝えられるといいですね。

4.連絡先を交換する

「やっぱりLINE交換じゃないかな。好きな人と面と向かって話すことが苦手なら、LINE交換してやり取りしながら距離を縮めるのがいいと思う」(24歳/女性/大学院生)

飲み会、親睦会、仕事の休憩時間など、彼と会うチャンスがあったら、そのタイミングを見逃さずに連絡先を交換しましょう。
特に、知り合ったばかりで関係が浅いうちなら、彼もLINE交換を拒むことはしないはず。

また、「相手とLINE交換をする」というだけでも恋するきっかけを掴んだような気がして、お互いのことを意識できるポイントになるでしょう。ぜひ勇気を持って彼にひと言声をかけられるといいですね。

おわりに

いずれも、口下手でシャイな女子でも会話力をそこまで使わずアピールできる方法です。
気になる人が出来たら、ぜひこうした行動で彼との距離をグンと縮めてみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事