2016.05.26

ボーッと待ってないで!モテ期を引き寄せる方法・4つ

「人生に3回は訪れる」らしいモテ期。「そういえば、あのときはモテていたかも……」と実感する人もいれば、「心当たりがないなぁ……」と感じる人もいるかもしれませんね。

でも、いつ来るかわからないものをボーッと待つのは時間がもったいないです。
自分の行動によって、モテ期を引き寄せることも可能なのでは……?

そこで今回は、モテ期を引き寄せる方法がないか、リサーチしてみましたのでご紹介します。

1.時間と心に余裕を持つ

「よく仕事が忙しいと結婚が遅くなるっていうし、やっぱりある程度、時間と心に余裕がないと、周りもそれを感じ取って遠慮するし、恋愛は遠のきそう」(23歳/男性/介護)

恋をするには、まず仕事をこなし生活が安定しないと、「彼氏欲しいな」「恋したいな」と、落ち着いて考える暇がなかなかつくれないですよね。異性との出会いがたくさん訪れるモテ期を呼び込むとなれば、なおのこと時間が必要です。

また、時間と心に余裕があると、「ジムに行こうかな」「今度の週末は〇〇に行こう」と、仕事や恋愛以外に興味が向きやすくなります。何か夢中になれるものを発見し、さらにそこで男女問わず出会いがあれば、生活の充実にも繋がるでしょう。

生活が充実し、心も安定したときこそ、あなたのことを「いいな」と感じる異性がたくさん現れるのかもしれませんね。

2.自分に自信を持つ

「『自分なんて……』っていう弱気な人より、『そんなこと言わないで、頑張っていこうよ!』って周りに元気を与えられる人の方が素敵だし、人気もたくさん集まってくると思う」(23歳/女性/IT)

自分に自信が持てない女子は多いのでは。
たとえば人見知りで口下手というコンプレックスのせいで物事が上手くいかないと思い込んでしまいがちですが、人見知りで口下手でも恋人はできます。同じようなことを気にしている(あるいは気にしていた)友達ができれば、悩みを分かち合えて自信に繋がる、なんてこともあるのでは。

自分への自信のつけ方は自信を失っている理由によって変わってきますが、少しずつでも頑張っている人は、異性からも輝いて見えるはず。コンプレックスに振り回されずに、恋愛を前向きに考えてみましょう。

3.オシャレに気を配る

「自分のモテ期を振り返ってみると、モテていたときは見た目いい感じだったときかなあ。恋をするつもりなら、やっぱりオシャレは外せないと思う」(21歳/男性/大学生)

相手のことを異性として意識するには、まず見た目のキレイさや可愛さが重要。
相手の人となりを知って好きになる恋のパターンもありますが、その場合でも最低限女を感じさせる身なりが整っていなければ、恋に発展しないですよね。

仕事、趣味に明け暮れるばかりに、見た目の女子力が下がっていないか、いま一度注意しましょう。

4.相手のことを考えるようにする

「自分のことを考えている人よりも、周りのことを考えている人の方がモテる気がします。私も彼氏ができなかった頃は自分のことばかり気にしていました。
でも、彼氏ができたときには自分が周りにどう思われるかなんて、気にしなくなってました」(23歳/女性/販売)

年齢が若いうちは、つい自分ことだけで手いっぱいになってしまいがちです。
でも、少しずつでもいいので、家の手伝いをしたり、相手が喜ぶような話し方に気を配ってみたりしながら、周囲のことに興味を向けてみて。

自分が良ければ満足という考えではなく、相手も満足できるような気の回し方ができると、モテ期に一歩近づきます。
「あの人素敵だな」「ああいう風になりたいな」と感じられて、異性に限らず素敵な出会いがたくさん集まってくるはず。

おわりに

いかがでしたか。こうしたポイントの大切さに気付けるようになると、あなたのモテ期は確実に近づいてくるはず。

ぜひいい出会いを引き寄せるためにも、気を配ってみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事