2016.05.26

わかってるのに別れられないのはなぜ?すっぱり気持ちを断ち切る方法

こんにちは、コラムニストの愛子です。
不倫の恋や、浮気症な彼、暴力、金銭的にルーズなどなど…。別れてすっぱり関係を断ったほうがいいとわかっているのに別れられないことってありますよね。それは一体どうしてなのでしょう?

このままでは幸せになれない、そう思っていても何故か離れられない……。今回はそんな方のために、別れられない理由とすっぱり気持ちを断ち切る方法をご紹介します。

1.周囲から反対されると燃える

ダメンズと別れられない原因のひとつとして考えられるのが、として、周囲から反対されると燃えるという心理。
「心理的リアクタンス」といい、人には自分のことは自分で決めたい、禁止されたり命令されると反発したくなるという性質が備わっているからです。

障害があるほど恋は燃え上がるといいますが、周囲から「そんなダメな人、早く別れたほうがいいよ」と反対されるほど別れられなくなるのはこの心理が働くためです。

誰かに相談したくもなりますが、周囲の声はシャットアウトして、ゆっくり自分の気持ちだけを見つめ直してみては?

2.尽くすからよけい離れられなくなる

人には、自分の行動と感情を一致させようとする、「認知的不協和」というものがあります。自分のしたことに対して正当な見返りがないと、その心理が働くことが。

たとえばカレに尽くしても感謝されず冷たくされた場合、尽くしたことそのものをなかったことには出来ないので「私はカレのことが大好きだからこんなに尽くしている」と思い込み、自分の行動に妥当性を見出そうとするのです。

当てはまるなと感じた方は、思い切ってカレのためにしてあげていたこと、つまりお金を貸したり、身の回りの世話をしたり、浮気を許したりするのを止めてみましょう。

最初はカレに嫌われるのではないかと不安になるかもしれませんが、それを乗り越えれば不思議なくらいあっさり、カレへの気持ちが消えることも!

3.ダメなカレを支える自分が好き

ダメなカレに困っているなんて言いながらも「カレを支えることが出来るのは私だけ」と思うことで、自分の価値を感じて安心していませんか?

「頼りにされる、依存されること」に依存する状態を「共依存」といいます。これは必ずしもいけないことではありませんが、度をこすと相手も自分も苦しめることになります。

カレから必要とされること以外で自信を持てるよう、他のことに意識を向けてみては?

仕事や勉強、美容や趣味、カレとは関係ないことに没頭して自分に自信がつけば、カレへの執着心は消えるはず!

4.カレが自分を愛してくれていると思い込んでいる

冷たくされても、大切にされなくても「自分がこれだけ好きなのだから、カレも本当は自分のことを愛してくれているはず」だと思い込んでいませんか?

そう期待したくなる気持ちは当然ですが、冷静になりましょう。

もしあなたと同じような悩みをもつ友達から相談を受けたら、あなたはその友達のことを、カレから愛されていると思うでしょうか?
都合良く扱われていると感じ、心配になるのでは?

自分のことになると、冷静な判断ができなくなることもあります。客観的に考えてみることをおすすめします。

おわりに

頭ではわかっているのに気持ちがついていかないときってつらいですよね。

でもひとたびカラクリに気づけば、驚くほどすっぱり気持ちを断ち切ることだってできるのです。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事