2016.05.28

ぷるっと潤う美肌・美髪で勝負!「春のゆらぎ」のケアポイント4つ

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

春のあたたかさを感じると、恋の意欲がむくむくと湧いてきますよね。でも、春は肌も髪もトラブルを抱えやすい季節。ゆらぎやすい肌や髪のケアを徹底して、自信を持てる髪と肌に整えましょう。

春の敵は「強風」と「紫外線」

春は風が強く乾燥気味。髪が乱れやすく、パサつきやすい季節です。せっかくコテで巻いたのに風やパサつきで乱れてしまったり、髪がまとまりにくくなったりします。

また、紫外線も強くなる時期。紫外線は肌や頭皮に刺激を与えて老化を促進させます。髪のパサつきを悪化させたり、肌トラブルを起こしやすくしてしまうのです。
こうしたトラブルには次のようなケアを取り入れて、髪や肌をキレイに保ちましょう。

毛穴の汚れは「しっかり洗う」

頭皮や肌の毛穴に汚れが詰まったままでは、健康的な髪やトラブルのない肌をキープすることが難しくなります。風の強い春に外へ出歩くと、知らず知らずのうちに汚れや刺激物が皮膚についてしまいますから、お風呂で丁寧に洗い流すことが大切です。

髪をシャンプーで洗う際は、爪を立てないように注意して地肌もしっかり洗いましょう。シャンプーやトリートメント剤が残らないよう、しっかりすすぐことも大切です。

顔のクレンジングは、刺激の少ないクリームタイプがおすすめ。メイクや汚れをそのままにしないようにしましょう。

お風呂から出たら「保湿ケア」を欠かさない

髪や肌のトラブルを防ぐためには、髪や肌の健康状態を保ち、肌表面のバリア機能を高めることも大切。乾燥はトラブルの原因ですから、保湿ケアも重要です。

髪の保湿は、保湿成分入りの洗い流さないトリートメントがおすすめ。化粧水や美容液による肌の保湿も、普段より徹底して行いましょう。

「コーティングケア」で外部の刺激から肌と髪を守る

外出する際は、水分の蒸発や紫外線から髪や肌を守るケアを。髪表面のコーティングにはヘアオイルが、肌の紫外線バリアには日焼け止めやパウダーファンデーションがおすすめです。

帽子や日傘も、刺激から肌を守る重要なアイテム。紫外線の量は夏に向けて増えていく一方ですから、今のうちから対策を取り入れることが重要です。

また、目から入る紫外線も肌の老化を促進すると言われています。サングラスなどをかけることで、紫外線による肌老化を抑える効果が期待できます。

潤う美髪&美肌で大好きな自分になろう


髪や肌のトラブルが絶えないと、自分に自信が持てなくなり、恋に積極的になれなくなってしまいますよね。

ゆらぎやすい春には、潤いをキープして外界の刺激から守るケアが大切。清潔な状態に保ち、保湿や紫外線カットケアを取り入れることで、潤いと弾力のある肌と髪を実現してくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事