2016.06.21

男子が感じる「彼女とのサイレントが心地いい瞬間」・5つ

カレといろいろおしゃべりするのも楽しいですけど、カレとの沈黙も大事にできていますか?
大好きなカレの瞳を見つめているだけで、まるでその中に引き寄せられていくような感覚がしますよね。きっとカレもそれは同じ。

そんなわけで今回は、20代男子30人に「彼女との沈黙にドキドキしてしまう瞬間」について聞いてみました。
みなさんも、カレとの沈黙をもっと楽しんでいきましょうね。

1.食事

「彼女と一緒にご飯食べてるときに不意に訪れる沈黙は、わりと好きかも。なんか、徐々にいいムードになっていく感じがして堪らない」(大学生/22歳)

こういうデート中のさりげない場面でも、沈黙はやってくることがありますね。
そういうときも、「なんか喋らなきゃ!」みたいに焦るんじゃなくて、そのままその沈黙に乗っかってみるっていうのもアリかもしれません。この男子の言うように、そこからイイ感じのムードになっていく可能性は高いと思いますから。

2.電話

「彼女とLINEで話してるときとかにお互い何も話すことなくなっても、俺はそういうのむしろ好きだよ。そのままボーっとしたり、お互いに自分のことしたりするとしても、とりあえず電話切らないでつなげておくのがいい。つながってる感じが心地いいから」(フリーランス/26歳)

電話だと、なおさら「沈黙は気まずい!」なんて思いがちだけど、電話だからって絶対に話さないとみたいに気負う必要はありません。
リラックスしてのんびりした電話もたまにはいいでしょうし、この男子みたいに、「つながってる」ってことが大事って考え方もできますね。

3.ベッド

「ふたりでベッドに入って、彼女とくっつきながら無言で見つめ合う瞬間がすごく好き。ずーっと見てても飽きない。至近距離で見る彼女の顔は、ありえないくらいかわいいんだ~」(アパレル/25歳)

ラブラブですね(笑)。うらやましいです。ベッドだったら、無言で見つめ合ってそのままキスやらイチャイチャやらっていう流れもいいですよね。

4.夜景

「やっぱり夜景とか景色がいいところのがムードもいいし、むしろペラペラ話すほうが雰囲気壊しそうじゃん」(記者/26歳)

たしかに。夜景と沈黙はよく合います。告白とかプロポーズとかも、こういうムードがある場所で沈黙になったところでだいたい来ますもんね。
夜景が素敵な場所に行ったら、しゃべらずカレと腕を組んでくっついているだけで幸せです。

5.エッチ

「セックスするときは、沈黙が一番そそるよね。彼女の顔エロいし、見てるだけで興奮する」(美容師/26歳)

エッチのときは、あんまり話さない方がいいですよね。ムードが一番大事な瞬間です。恥ずかしくて、ちょっと話したくなる気持ちもわかるんですけど、そこは我慢。
このときばかりは、沈黙におとなしく身をゆだねましょう。

おわりに

どうでしたか?
愛し合っている仲なら、言葉なんてなくても、いや、言葉がない方が、より以心伝心できるはずです。たまにはカレとの沈黙を大切にして、ムードで感じるデートをしてみてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事