2016.06.21

ダマされたって幸せだ!死ぬほど可愛い「小悪魔的ウソ」・4つ

「ウソ」をつくことは、あまり良いことではありません。しかし、小悪魔のような「小さなウソ」をつくことで、男性をキュンとさせることが出来ちゃいます。

ウソをつくのは気が引けますが、彼をドキドキさせるためには仕方がないです!

そこで今回は、女性が言うと可愛い「小悪魔的ウソ」を紹介いたします。恋の駆け引きに、一度使ってみてはいかがでしょうか。

1.「〇〇の映画が気になってる!」

「後輩に俺が好きなシリーズの映画の新作が気になるって言われて、一緒に行くことにしたんだよね。その映画の話をしてもあまり伝わらないから、『本当に好きなの?』って聞いたら『ウソですよ?先輩とデートしたかったんです。』って言われて、もう映画どころじゃありませんでした。」(24歳/営業)

デートの口実のために、その映画が「好き」なんてウソをついたんでしょうね。こう言われたら、男性もキュンとしてしまうに決まっています。

まずは相手の趣味をリサーチしてからデートに誘ってみましょう。きっと彼が途中で「この子本当にコレが好きなのか?」と気付くはずなので、そのタイミングで「デートがしたかった」旨を伝えるのです。彼はアナタにメロメロになっちゃうはずですよ。

2.「夜道が怖いから電話していい?」

「友達に『夜道怖いから電話しても良い?』って言われて電話していたんだけど、電話の途中で『無事家着いたの?』って聞いたら『あー、実は〇〇の声聞きたかっただけで、すでに家帰ってるんだよね。』って言われて萌えました。さすがに可愛すぎる。」(21歳/学生)

さすが小悪魔…!こんなことをされたら、気にならない訳がないですよね。

一度家にいながらも、「夜道が怖い」と言う理由で彼に電話してみましょう。長電話をしていると彼は「あれ、まだ家に着かないのかな?」と不思議に思って聞いてくるはずです。そこでネタばらし。そうすることで、彼はビックリドッキリしちゃうはずですよ。

3.帰り道詐欺

「帰りの電車が途中まで一緒の子がいて、最寄の駅を聞いてみたら全く方向が違かったんだよね。『こっち経由の方が帰りやすいの!』とか言っていたけど絶対そんなことないし、ただ俺と帰りたかったのかなぁって思ってトキメキました。」(20歳/学生)

いれることなら、好きな人とは限界まで一緒にいたいですよね。例え遠回りして帰るのが遅くなったとしても、一緒に帰れるだけで幸せなのです。

少し帰るのが遅くなっても良い日は、ウソをついて彼と途中まで同じ電車に乗ってみましょう。バレないと意味がないので、いつかバラしてあげると良いかもしれません。

4.「カサ忘れちゃった」

「友達が『カサ忘れたから入れて~』って言ってきて、一緒に歩いていたんだ。そしたらバックの中に折りたたみ傘が入っているのが見えて、俺と相合傘したかったのかな、とか思ってすごいキュンとしました。」(23歳/美容師)

彼と相合傘をするために折りたたみ傘を使わずにしまっておく、なんて可愛い行動なのでしょうか。

ここでのポイントはしっかり折りたたみ傘をチラ見せすること。彼の目に映るような位置に折りたたみ傘を置くことで、気付いた彼は心の中でホクホクしているはずですよ。

おわりに

いかがでしたか?
彼をきゅんとさせるような「小悪魔的ウソ」はたくさんあるみたい。全てのポイントは「ウソ」ということがバレることです。「俺と仲良くしたいがためにこんな小さなウソついたんだな!可愛いやつめ!」なんて彼が思ってくれれば、アナタの勝ちですよ!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事