2016.06.27

水もしたたるイイ女!梅雨「だからこそ」のモテテク・4選

梅雨の季節。毎日ジメジメしているし、雨がじゃんじゃん降っていると何だか気分も下がってしまいますよね。

「髪型も決まらないし最悪。雨キライ~」と萎えている場合ではありません!そんなときこそ、モテテクを使って男性をドキっとさせちゃいましょう。

そこで今回は、梅雨「だからこそ」のモテテクを紹介いたします。皆さんもぜひ、参考にしてみて下さいね!

1.ふわふわのタオルで拭いてあげる

「雨の時に、女友達が『濡れてるじゃん~。風邪引いちゃうよ?』と言ってふわふわのタオルで拭いてくれました。いやあ、幸せだったなぁ・・・。」(21歳/学生)

ふわふわだと吸水性が少なそうですが・・・肌触りの方が大切みたい。たしかに使い古したごわごわのタオルで拭かれたら、なんだか切ない気分になりそうです(笑)

適度な「母性」にきゅんとしちゃう男性は多いみたい。「はい」とタオルを貸すのではなく、お母さんみたいに彼の体を拭いてあげましょうね。

2.明るく振舞う

「雨の日って、基本的に女って萎えてるじゃん?その中明るく振舞っているだけでも好印象。『私、雨好きなんだよね~』なんて言いながらスキップしていたら確実に惚れます。」(23歳/美容師)

雨の日は髪型がきまらないし、お洋服やバックも濡れてしまうので嫌ですよね。世の中の女性の大半が雨の日に嫌悪感を持っているはずです。

そんな中「雨が好きなんだよね」と明るく振舞っているだけで男性からの好印象をゲット出来るみたい。雨の日はムダにテンションをあげてみると良いかもしれませんね。

3.傘をさすのが下手

「気になる女の子のとのデートで、一緒に歩いていたんだ。ふと彼女の顔を見ると顔面びしょ濡れ。『え、なんかあった!?』って心配したら『私、傘さすの下手みたいでいつもこうなるの・・・』と照れ笑いしていて、何か守ってあげたくなりました。」(20歳/学生)

筆者の友人にも傘をさすのが下手な子がいました。同じ距離を歩いていても彼女だけびしょ濡れになっていて、あふれ出るドジっ子感が可愛かったです(笑)

「もー、そんなに下手なら俺の傘入る?」と相合傘が出来るキッカケにもなるかもしれません。一度彼が見ていないうちに傘を差さずに濡れてみて、「傘をさすのが下手なの・・・」と言ってみましょう。きっと彼はつっこみながらも優しく対応してくれるはずですよ。

4.水溜りでジャンプ

「水溜まりをジャンプしてかわそうとしている子って可愛いよね。出来れば失敗して水溜りにはまってあわあわしている所を見ていたいです(笑)」(24歳/食品)

わりと大きな水溜りに遭遇したら、アナタはどうしますか?おそらく大半の女性がわき道をスタスタ歩いて行くと思います。

しかしそれではいけません!そこに水溜りがあるのなら、ジャンプしてでも飛び越えましょう!失敗したらしたでまた可愛いので、挑戦する価値はありますよ。

おわりに

いかがでしたか?
梅雨だからって、悪いことばっかりではありません。以上のモテテクに挑戦して、梅雨のジメジメした気分も吹き飛ばしちゃいましょう!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事