2016.07.02

「雨だし…」を口実に!気になるカレの落とす「雨の日の口説き文句」

7月になりましたが、梅雨はもうしばらく続きそうですね。
気になるカレと楽しい夏を過ごすためにも、この梅雨の時期にカレを射止めてしまいましょう!
今回は、「雨だし…」という強い口実を味方に、彼を落とす方法をご紹介します。

1.相合傘をお願いする

気になるカレとデートの日、小雨程度の雨なら折りたたみ傘をバッグに入れておき、「小雨だし…入れてくれる?」と、相合傘をお願いしてみましょう。

「傘、持ってないの?」と聞かれることがあるかと思いますが、小雨だから折りたたみ傘を開くほどでもないかなと思って…と伝えれば大丈夫!

「一緒に傘入った方が、〇〇くんの声もよく聞こえるし」とつけ加えれば、嫌がられることもないと思います。

男の子は、「手が届きそうなのに、先に進めない関係」にガゼン燃えるもの。
相合傘で、「近いけど、どうにもならない距離」を匂わせて、カレをドキドキさせてしまいましょう。

あまりにも大雨のときではふたりともびしょ濡れになってしまいますから、小雨のときにチャレンジです!

2.ひそひそ声でしか会話できない場所に誘う

雨の日には、やっぱり屋内で過ごすことが多いですよね。
もしカレとふたりきりで過ごすなら、「ひそひそ声でしか会話できない場所」を選ぶのがオススメ。

不思議なことに、人はひそひそ声でしか会話できない場所で過ごすと、一緒に過ごした相手との仲が深まるもの。
「ふたりで、ちょっと悪いことをしている」というような、いわゆる「共犯感」が生まれることで、ふたりの距離が縮まった気がするのです。

もしあなたが学生なら、間もなく試験も始まりますよね。
「雨だし、自習室で一緒に勉強しない?」と、気になるカレを誘ってみましょう!

社会人のあなたなら、映画館がオススメ。
特に、ロードショーの終了した映画を上映している映画館で、お互いの知っている作品をチョイスすれば、「このシーンってさ…」と、こそっと会話を楽しめます。

ただし、ひそひそ話で盛り上がりすぎて周囲の迷惑にならないようにご注意を!

3.夏に向けてスポーツを教えてもらう

になるカレがスポーツ好きならオススメなのが、雨でもできる室内スポーツに誘うこと。「夏にアウトドアスポーツを楽しみたいから、その前に教えて!」と言い訳すれば、うまくカレを誘えるかもしれません。

このように、ふたりでスポーツを楽しむというよりも、カレに教えてもらうスタンスでいると良いでしょう。
ぜひカレに、「○○くんって、ゴルフ得意だよね?梅雨が終わったら行きたいと思ってるから、教えてくれない?」と提案してみてください。

一般に、男の子は人に何かを教えることが好きなので、喜んで引き受けてくれると思います。

男の子が女の子に何かを教えてあげるという行為は、面倒をみる・世話をやくということ。女性を気にかけて見ているうちに、自然と「彼女を守ってあげている」のに近い感覚を抱くものなんです。

ですから、「この子と付き合ったら、こんな感じなのかな」というイメージを植えつけることができちゃいますよ!

また、スポーツを教えてもらうときには物理的にも距離が近くなるので、気持ちも体もカレに近づくキッカケになるのです。

おわりに

いかがでしたか?
気になるカレと楽しい夏を迎えるためには、梅雨時期こそが絶好のタイミング!

「雨だし…」を口実に、カレとの楽しいデートを楽しみつつ、「彼女」に昇格しちゃってくださいね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事