2016.07.12

【夢占い】吉凶を占う!傷にまつわる夢4つ

『・・・どういう経緯かわかりませんが、私は職場(調理場)で使う包丁を手に持ったまま、警官に手錠をかけられてしまいました。そばには同僚のような知らない人が血だらけになって倒れていて、私が刺し殺してしまったという自覚だけありました。私の頭の中で、包丁を持った手、刺した瞬間のイメージが再現映像のようにあらわれ、犯罪者になったことより、逮捕されたショックとこれからの生活に不安を感じました。ものすごくドキドキしながら目覚めました。』

これは20代女性の夢の実例です。逮捕されるイメージは、基本的に社会生活の縛りや制約、社会常識や世間体などを象徴します。彼女は長年夢を持ちながらずっと同じ職場でアルバイトを続けていますが、この夢を見た時期、結婚や将来の安定のことを考えて思い悩んでいたそうです。年齢的な悩み、叶えたい夢と現実生活との葛藤が夢にあらわれたのかもしれません。この実例の場合は仕事で刃物を使っていることも影響しますが、刃物の夢の多くは心身の葛藤をあらわします。

では、それにともなう傷の夢はどうでしょうか。傷にまつわる夢のいくつかをご紹介します。

誰かを傷つける夢

特に知人や友人、恋人や家族を傷つける・痛めつける夢は、その人物とのコミュニケーションから生じる心の葛藤、対人ストレスを反映しています。傷つける相手は、その人との状況の慌ただしさと関係しており、自分自身にとっても、余裕のない生活やタイトな状態を反映している夢です。

誰かに傷つけられる夢

『・・・いきなり背中を大きな刃物のようなもので斬りつけられ、私はその場にうずくまって大量の血を吐いていました。大人たちに追われる小さな子供たちをかばいながら、身代りになって切られた状況でした。私のそばにいた小さな女の子がいつまでも逃げないので、突き飛ばすようにその少女を押して、「早く逃げなさい!」って夢中で叫んでいました。』

これは20代女子大生の夢の実例です。傷つけられるイメージと大量の出血のイメージは、基本的に現状の転換期をあらわす夢になります。
夢の中でそばにいた少女は、今の彼女の分身です。そして子供を襲う大人は、卒業後の社会人生活をしている彼女を象徴します。実はこの夢は、就職活動の最中に大きなプレッシャーとストレスを感じていたときに見た夢だったのです。

一方、誰かに自分の体の特定の部分を傷つけられたり、痛めつけられて急に目覚めるような夢なら、生理的な不調、睡眠リズムの乱れをあらわすことがあります。

誰かに刺される・誰かを刺す夢

鋭い刃物や先端のとがったものを使って誰かを突き刺すイメージは、強い敵対心や嫉妬心などをあらわします。
また、誰かに刺される夢は基本的に対人不安や身のまわりの心配事をあらわす夢です。刺されたときの痛みや血が流れるイメージが印象的なら、急性疾患などの予兆になることがあるので注意をしてください。

深い傷の夢

手や胸に深い傷・大きな傷を負うイメージは、なんらかの心の傷を象徴します。傷口の深さは強い心の葛藤や確執をあらわします。残ってしまうような深い傷のイメージなら、特に状況の改善に時間がかかるかもしれません。

ただ女性がこの夢を見た場合、生理的な違和感や異常な変化を象徴することがあります。傷ついた子供か、傷ついた小動物のイメージをともない、傷口が開いたままの酷い傷のイメージであれば、潜在的な疾患をあらわすことが多いです。

傷の夢はなかなか治らない

大きく分けると、刺し傷のイメージは対人関係にまつわるネガティブな感情をあらわし、切り傷のイメージはどちらかというと生理的な違和感や体調の変化をあらわす傾向があります。

傷のイメージに強烈な生々しさがあれば、生理的な要素が強いです。顔などに治らない傷ができる、または刺したり切りつけるアクションのイメージが強ければ、対人関係にまつわるネガティブな感情をあらわします。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事