2016.07.13

もーっ、待ちきれない!なかなか「はっきりしない男」の本心4パターン

好きなのか好きじゃないのか、付き合うのか付き合わないのか、なかなかはっきりしてくれない男性っていますよね。

そういう男性って、女性からは本心が読めないので、ふたりの関係がこれからどうなっていくのか、かなり不安になってしまうことでしょう。

そこで今回は、なかなか「はっきりしない男」の本心について紹介します。

1.「いまの関係」を壊したくない

「好きな気持ちもあるんだけど、いまのいい関係が壊れちゃうのが怖いっていう気持ちの方が強いのかも」(27歳/営業)

「告白とかしちゃうと、いい感じの状態がおかしくなっちゃうような気がするんですよね…」(25歳/マスコミ)

こう考えている男性の場合、おそらくあなたのことが好きである可能性が高いでしょう。
ただ、好きだからこそ、変に告白をしていまのいい関係が壊れちゃうことを恐れてもしまう。
それが、彼がはっきりとした態度を取れない理由でもあるでしょう。
好きな女性と「もう仲良くできなくなるかも」って思っちゃったら、告白をためらうのもムリはないですよね。

もしあなたも彼のことが好きなのであれば、好意があることをきちんと示してあげると、男性も告白する勇気が出やすいはずですよ。

2.あわよくば「エッチ」を狙っている

「エッチしたいと思う女の子には、いい顔もしちゃったりするもんですよね、やっぱり…」(27歳/飲食)

「付き合うとかまでは考えていないけど、エッチはしたいなって思う子には、思わせぶりな態度も取っちゃいますね」(30歳/IT)

とにかくエッチをしたい女の子である場合、そりゃ優しくしたくもなるのでしょう。
女性はそんなことされたら、「私のこと好きなのかな?」って勘違いもしちゃいますよね。

でも、「付き合うとかまでは考えていないけどエッチはしたい」と考えている男性もいることを頭に入れておいて。そんな関係でエッチをしてしまうと、“都合のいい女”にされてしまいますよ。

3.とりあえず「キープ」している

「本命とまではいかなくても、気になる存在ではある場合、その子にも優しく接しちゃいますね」(27歳/マスコミ)

「一応キープをしておきたい女性には、ちょっとはっきりしないような状態を続けてしまうかも…」(26歳/不動産)

本命女性は別にいるのだけれど、あなたのことも気にはなる。
そういう場合、男性はあなたにもいい顔をしてきます。
本命女性とうまくいかなかったときの保険として、キープしているのです。

もしくは、本命と付き合いながら“2番目の女”にしようという計算までしているかも…。
いい雰囲気になっても、一向に彼女にはしようとしてくれないのであれば、きっぱりと次に切り替えた方がいいでしょうね。

4.「適当」にはしたくない

「自分の気持ちがちゃんと固まるまでは、適当にお付き合いをしてしまうことなどできないですね」(31歳/営業)

「心が決まるまでは、恋人の関係にはなれないと思うので、はっきりとしたことも言えないです」(28歳/メーカー)

あなたに対して「誠実」に考えているからこそ、すぐにははっきりできない。そういったケースも実は存在します。

「とりあえず付き合っちゃおう」とか「ひとまずエッチしちゃうか」みたいな考え方ができないタイプの男性ですね。
気持ちが固まれば告白もしてくれるでしょうから、ちょっと待ってみても大丈夫な男性と言えるでしょう。

おわりに

「はっきりしない男」には、イライラしてしまうこともあるでしょう。あなたのことをきちんと考えているがゆえの態度である場合もありますが、こういう男性を深追いしてしまうと、不幸になってしまうことも多々あります。

どういうタイプの男性なのか、ちゃんと見極めてから先に進むようにしてくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事