2016.07.22

男女の「友情」って本当にあるの?果たしてその実態は

“信頼できる男友だち”は、いますか?
恋愛感情が伴わない「男女の友情」というものは、本当に存在するのでしょうか。

婚活アプリ「マッチアラーム」が20代・30代の独身男女721人を対象に実施した「恋愛、婚活に関する調査」と、恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」が全国の男女2,413人を対象に行った調査「付き合っていなくても手をつなぐ男性の心理とは?」を基に、考えてみましょう。

■男性側の意見は……

男性に「男女の友情は成り立つと思いますか?」(「マッチアラーム」調べ)と尋ねた結果、「成り立つ」は68.5%、「成り立たない」は31.5%。「成り立つ」派が多数ですが、「絶対に成り立たない」と思っている男性も3割は存在しているということですね。

■遊び仲間は友情である

男女の友情が成り立つと思う理由としては、「実際に異性で友達がいるから」(男性/30代前半)、「楽しく遊ぶだけの付き合いでも友情と思えるから、そうゆう距離感もいいと思う」(男性/30代前半、「お互いがそうあることができれば成り立つと思います」(男性/30代半ば)、「別れた彼女とは仲良い友達になってるから」(男性/30代後半)などがあげられました。

多くの男性が、恋人ではないけれど気軽に遊べる関係を男女の友情と考えている様子。仕事や恋愛での悩みを打ち明けたり、日々の人間関係やストレスを忘れて楽しく遊んだりできるのは、男女にかかわらず「友達」という関係なのでしょう。

また、お互いのことを知り尽くしているけれども恋人ではない、「元カノ・元カレ」も、別れたことによってこういった友達関係にシフトしていくようです。

■ただし、恋愛感情に発展することも

一方で、男女の友情が「成り立たない」と考えている男性の意見を見てみると、「男女である以上間違いが起きる可能性があるから」(男性/30代半ば)、「どちらか一方が恋心を持った時点で、破綻する為」(男性/30代前半)、「男が性欲を我慢できないから」(男性/20代半ば)など。

お互いの関係が友情だと思っていたとしても、ふとしたきっかけで恋愛に発展してしまうことは大いにあり得る、との見方です。

確かに、たとえ男女の友情が成立したとしても、その先も絶対に恋愛関係に発展しないとは言い切れないですよね。

■相手に「勘違い」させないために

「男女の友情は成立する」という考えが多くとも、「恋愛に発展しないとは言い切れません。信頼している異性との友情を長続きさせるためには、誤解や勘違いを防ぐ工夫が必要です。

・相手を独占しようとしない
例えば、頻繁に連絡を取り合って相手の時間を独占すると、どうしても彼女のような立ち位置に。「私のお願いを優先してよ」ではなく、相手の幸せを応援する姿勢も必要です。

・相手の気持ちを見極める
相手の生活が自分中心になっていないか探ることも重要。朝、昼休み、夜と暇さえあればメッセージを送ってくるという場合は、相手の気持ちが友情を超えている可能性があります。「男女の友情っていいよね」と牽制するのもひとつの方法です。

・恋愛感情はないことを伝えておく
「こんなに何でも言える『友達』、◯◯くんしかいないな」は、“私はあなたを友達だと思っている”ことをさりげなく伝えるのにぴったりなセリフ。相手が「そうだね。俺も!」と返ってくるか「そうだね、もう友達を超えてるよね」と返ってくるかで、相手が自分のことをどう思っているのかを知ることもできます。

■最後に

「楽しく遊んでいるだけのつもりが相手を真剣にさせてしまった!」という事態もあれば、恋心を抱いた相手が自分のことを友達だと思っているケースも。

お互いに勘違いしないためには、立ち位置を確認し合うことが大切。信頼しているからといって相手の人生の中心にならない工夫や、相手の気持ちを確かめる工夫が必要ですね。(Nao Kiyota/ライター)

参考: http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000005816.html
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000005528.html

(ハウコレ編集部)

関連記事